田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

自分で理由を生み出す者が神、という共通の思想

デカルト、ライプニッツ、ニーチェの共通した答え

絶対に疑えない前提や根拠は何か?という問いに対して、デカルトとライプニッツとニーチェは、同じ答えを出している。

その答えとは、自分自身が根拠になるということであり、自分自身で前提を生み出せる自分こそ、物事の前提になりえる、という考え方である。

 

それについて以下で詳しく説明しよう。

 

絶対に疑えない根拠は何かという問いを立てたデカルト

物事の前提や理由や意味や根拠を問う作業は、昔から繰り返されている。

例えば17世紀にルネ・デカルトは、物事のあらゆる前提を全て疑ってみた。

数学やいろんな学問の前提になっていることを疑ってみて、絶対に疑えない確実なことを探し、真理の絶対的な土台を見つけようとした。

 

デカルトは、絶対手に疑えないのは、「考えている私」だと結論を出した。

「私」という存在こそ、絶対に疑えない前提であり、根拠であると。

 

自分自身が根拠である存在が神だ、と言うライプニッツ

絶対に疑えない確実な前提は何か?というこの難問に対して、ドイツのライプニッツは1つの答えを出した。

あらゆる物事の最終的な根拠は、神である。

彼はそう考えた。

物事の理由や根拠は何かと問うでいくと、無限に続いていってしまって、終わりがないように思える。

 

物事の理由が無限に続くのはマズイと考えたライプニッツは、絶対に疑えない前提として、神を持ってきた。

これがライプニッツの根拠律という考え方である。根拠律は、デカルトの問いへの1つの応答なのだ。

 

最終的な根拠が神であるということは、どういう意味か?

それは、自分自身で根拠や理由を生み出せる存在こそが、神であるということかもしれない。

ライプニッツにとっての神の定義は、自分自身が根拠である存在、自分で理由や前提を生み出せる存在なのかもしれない。

 

自分自身で基準を打ち立てる神々と超人

もしそうなら、ライプニッツの定義する神は、ニーチェが「神々」と呼ぶ存在や、超人に似ている。

なぜなら、ニーチェが言う神々とは、他人の欲望ではなく自分自身の欲望であるからだ。

他人が「こうすべきだ」と命令する基準ではなく、自分自身で生み出した基準、それが神々である。

 

ニーチェは、「神は死んだ」と言ったが、「神々」は生きているのだ。

ニーチェの定義する「神」とは、他人によって決められた絶対的な基準だ。

その基準や規範は、他人に命令されたものであり、自分自身が根拠になっていない。

一方、神々とは、自分自身が欲することに基づいた基準なので、自分自身が根拠になっている。欲望は人それぞれだし、自分の中でも変化するので1つじゃないから、「神々」という複数形になっている。

 

「私はこうあることを欲する!」という意志に基づいて、様々な価値基準を渡り歩く者は、超人であり、神々なのだとニーチェは言う。

つまり、自分自身で根拠や理由を生み出す者が、超人であり神々なのだ。

 

それゆえ、ライプニッツの定義する神という概念と、ニーチェが「神々」とか超人と呼ぶ概念は、似ている。

共通点は、自分自身で根拠を生み出す存在者である。

だから、この考えは、デカルトの「私という存在は疑えない」という発想とも似ているのだ。

 

自分自身が根拠となり、自分自身で根拠を生み出す存在こそが、最終的な根拠であるという発想。

この点で、デカルトとライプニッツとニーチェは、同じような考えをしていると言えるだろう。

 

前提、私、神、これらの概念の連関がわかる。

永井均の『私、今、そして神』という本のタイトルの意味も、同じような意味だろう。

永井が言う、「開闢」という概念も、物事の前提になっている存在者のことであり、それは自分自身であり、それが神だという発想である。

 

さて、では私とは何だろう?

自分とは何だろう?

そもそも世界とは何だろう。

前提とは何だろう。

 

そして、「~とは何か」という問いは、どういう思考なのだろうか?

ブルーオーシャン戦略とは何か~2つのブルーオーシャン~

ブルーオーシャン戦略は2つある

ブルーオーシャン戦略とは、主に2つあります。

1つめは、お客さんの欲望を満たす物を、他の商品とは違う形に具現化することです。

2つめは、今まで満たせなかった欲望を満たすことができる商品を提供することです。

 

1.欲望を新しい具体物に具現化する

1つめのブルーオーシャン戦略について詳しく説明しましょう。

1つめのブルーオーシャン戦略は、新しい商品が満たすお客さんの欲求は、今までの商品が満たす欲望と同じですが、新しい具体的な物を生み出すことです。

 

例えば、ソニーのウォークマンは、他の音楽機器と同じく、音楽を聴きたいという人の欲求を満たす商品です。

しかし、音楽を聴きたいという欲求を、今までとは違う形で具現化したのが、ソニーのウォークマンです。

 

音を耳に直接送り込み、持ち運びできるコンパクトな音楽機器を具現化したのです。

音楽を聴きたいという欲望を、違った形で具現化した結果、ブルーオーシャン市場を作ることができたのです。

 

また、任天堂のゲーム機であるWiiは、ゲームをしたいという欲求を、家族みんなでやる形に具現化しています。

ゲームをしたいという欲望を満たすという点では、プレステやゲームボーイなどの他のゲーム機と同じです。

でも、家族みんなで楽しむ形のゲーム機を具現化したことによって、ブルーオーシャン市場が生まれたのです。

 

2.未解決だった欲望を満たす商品を作る

2つめのブルーオーシャン戦略は、今まで満たせてこなかった欲望を満たす商品を作ることです。

お客さんが不満に思っていて、解決できていなかった問題を解決し、不満だった欲求を満たせる商品をつくることです。

 

例えば、先ほど例に出したソニーのウォークマンは、気軽に持ち運びながらどこでも音楽を聴きたいという欲望を満たす商品です。

 

それ以前の音楽機器は、高品質な音で聞きたいという欲求を満たす商品ばかりで、サイズが大きく、持ち運びできるものはありませんでした。

 

それゆえ、どこでも気軽に持ち運びして音楽を聴きたいという欲求を満たせていない状態だったのです。

 

この問題を解決したのが、ソニーのウォークマンです。

今までの商品が解決していた欲求とは違う、別の欲求を満たす商品だったので、ブルーオーシャンを作ることができたのです。

 

なので、ソニーのウォークマンは、2つのブルーオーシャン戦略を両方組み合わせた商品だったと言えるでしょう。

 

このように、ブルーオーシャン戦略は2つあります。

同じ問題や欲望を解決する商品であるが、違った形に具現化するやり方。

そして、今まで解決できなかった問題や欲望を解決するやり方。

 

ブルーオーシャン戦略をやるうえで必要なこと

そして、具体的にどうやるかというと、ある要素を増やしてみたり、逆に減らしてみたり、組み合わせてみたりします

ライプニッツが言った、結合法ですね。

どの要素を組み合わせるのかを工夫することによって、新しい市場を作りイノベーションを起こすことができます。

 

また、人を知ること、人の欲求を徹底的に理解することが必要です。

失敗するビジネスは、まず先に商品を作ってしまって、「さてこれをどうやって相手のお客さんに売ろうか」と考えます。だから売れないのです。

お客さんを、自分の商品・サービスに無理やり合わせようとするから売れないのです。

 

そうではなくて、お客さんに合わせて商品を作るのです。

商品を、お客さんに合わせる。

お客さんの欲求からスタートし、そこから逆算して商品を作り提供する

だから売れる。

 

マーケットインだろうがプロダクトアウトだろうが関係ありません、一緒です。

プロダクトアウトであっても、お客さんの欲求を満たさないものは売れません。

 

お客さんの欲望から出発して商品を考えているから、お客さんと商品のラインがブレない。一直線でつながっています。

だから、人を知り、人間心理を徹底的に理解するという、人文学的な技術が必要なのです。

 

「田中さん、ずいぶん饒舌にビジネス論を語ってますねえ。さぞかし田中さんも素晴らしいビジネスをやってるんでしょうなあ、クックック」

ぐっ、え、ええ・・・そうですね!当たり前、じゃないですか!(白目)

 

まとめ

・ブルーオーシャン戦略は2つの種類がある

・1つめは、人の欲望を他の商品とは違った形で具現化するやり方

・2つめは、今までの解決できていない問題や欲求を解決するやり方

・要素の組み合わせを工夫すること(結合法)によって新しいアイディアが出る

・人を知ることが大切

・商品を無理やりお客さんに合わせようとしたら売れない

・お客さんに商品を合わせる

野菜不足を解消するためにはどうすればいいか?

野菜不足を解消する方法とは

私は、野菜不足を手っ取り早く解消したいので、サプリメントを飲んでいます。

 

外国ではサプリメントをみんな普通にとります。

例えば、アメリカ人やドイツ人やフランス人はサプリメントを常日頃から当たり前のように取ります。

 

私は昼ご飯は外食なのですが、外食は野菜が少ない店がけっこう多いです。

なので、サプリメントを飲んでビタミンを補給しています。

 

サプリメントのメリットは、手軽にサッと飲み込むことができる点です。

たとえ外食のお店に行ったとしても、人の目を気にせず3秒でビタミンを補給できます。

 

「サプリメントは栄養の吸収率が良くないんじゃないか?」という人もいますが、私は特に気にしていません。

サプリメントは栄養の吸収率が悪いという実証データや論文があれば話は別ですが、調べた限り、実証されていません。

 

なので昼ごはんではいつもサプリメントを一緒に食べています。

こんなに簡単に速攻で野菜のビタミンを接種できるというのは非常にありがたいことだと思います。

 

正直、野菜が全くないために行くのをためらっている外食のお店なども、サプリメントがあれば解決です。

 

私は晩御飯は野菜をスーパーで買って、小鍋に肉と一緒にぶちこんで煮て食べることが多いです。

だから、夜はサプリメントは飲みません。

朝も、キャベツと卵を入れた味噌汁を作って野菜を補給しているので、サプリメントは飲みません。

 

昼食だけですね、私の場合は。

朝も夜も自炊して割と野菜食べてますからね。

 

朝も夜もサプリメントを飲むのはどうなんだろうと思いますし、なんだかひどく怠惰な人みたいなので、昼ご飯だけ活用しています。

 

そういえば、以前ある経営者の方と話していたときに、その人は昔サプリメントを30種類、1粒ずつ毎日飲んでいたと言っていて引いたことがあります。

つまり毎日30粒のサプリを飲んでいたということです。

「ええーっ!そうなんですか!?」と驚いたのですが、さすがにやりすぎだなあと思いました。

彼は健康に非常に気を使う人だったのですが、今は量を減らしているそうですね。

 

まとめ

野菜不足を解消するために、私はサプリで手っ取り早く対処しています