読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中たかあきブログ

ノージャンルのブログです

全店禁煙とか価値観の押しつけやめてくれ

飲食店全店禁煙は価値観の押しつけ

飲食店を全店禁煙にする法律をつくろうとしてるみたいだが、禁煙の価値観を押しつけるのはやめてほしい。

自民党のおかげでなんとか全店禁煙は免れたからよかったけど。危なかったよ。

 

価値観は人それぞれ。タバコ嫌いな人もいるし、煙草吸いたい人もいる。

なんで一方的に全店禁煙にしようとするんだ。

 

禁煙の店がいい人は、禁煙に店にいけばいい。喫煙可の店に行かなければいいだけの話。

たばこを吸いたい人は禁煙の店ではなく喫煙できる飲食店に行くだけ。

 

たばこを吸わない客をたくさん集めて儲けたいなら、禁煙の店を経営して、禁煙の店にすればいい。

たばこを吸う客をターゲットにしたいなら、喫煙可の店にすればいい。

これで全て解決。何も問題ない。誰も困らない。

 

なのに、なんで無理やり全店禁煙にしようとするのか?

そんなことしたら、飲食店でたばこ吸いたい客たちはどうすりゃいいんだよ。

彼らが飲食店に行きにくくなって、全体的に利益は減ることになるだろう。

 

喫煙できる店も、禁煙の店も、どっちもあるのが最もベストであり利益も大きくなるんだ。

たばこの問題にかんしては、多様な価値観に対応できて選択の自由があるほうが、社会全体の利益は増えるんだ。

 

「外国ではタバコは規制されてるのに」と言う人いるけど、よそはよそ、うちはうちだ。

他の国がそうしてるからって、なんで日本までその真似をしないといけないのか。

 

「先進国ではタバコは規制されてるのに!日本は後進国だ」という人もいるが、先進国かどうかの基準は人それぞれ。

それはあくまであなたの基準にもとづく先進国だ。

 

別にたばこを規制されてなくても先進国であることはできる。

ていうか、たばこ規制されてなかったら後進国って笑

 

自民党の議員さんたちは、本当によくやってくださったよ。全店禁煙になる事態を避けることができたからね。

自民党の議員さんたち、ありがとうございます!

飲食店の全体的な利益が守られました。

 

ちなみに私自身はたばこを吸いません。

恋愛と同情の2つの違い

恋愛と同情の2つの違い

まず恋愛と同情の定義。

恋愛を、相手のことを好きになることと定義する。同情を、相手をかわいそうだと思うことと定義する。

 

この前提のもと、恋愛と同情には2つの違いがある。

 

1つめの違い。恋愛は、相手の価値を認め、相手が優れていることを認め、相手を肯定する。

たいして、同情は、相手が劣っていること、自分より下であることを認め、相手を見下す感情がある。

同情は、相手への軽蔑心であふれているのだ。

恋愛は、相手への憧れであふれているのである。

 

2つめの違い。恋愛は相手から突然予期せず、先に価値を受け取る。たいして同情は、相手から価値を受け取ることを計画しつつ、後から価値を受け取る。

ご利用は計画的にの精神である。

 

1.同情は軽蔑心、恋愛は肯定感

同情は、相手が優れているから生まれる感情ではない。なぜなら、かわいそうだから同情するのだから。

かわいそうとは、相手が劣っていること、価値がないこと、肯定されていないこと、否定されているから生まれる感情だ。

 

例えば、相手がモデルのように美人だったら、相手に「かわいそう」なんて思わない。

むしろ「ぎりり、あんなに美人だなんて悔しい・・・!」とか「きれいな人だなー。デートしたい」と思うだろう。

 

なぜなら、その美女が優れていること、価値あること、肯定される存在であること、強者であることを認めているからだ。

優れている価値ある存在を、同情することなどありえない。

 

逆に、ブスやブサイクに同情することはある。

なぜなら、その人が容姿という価値基準において、劣っていること、価値が少ないこと、否定されていることを認めているからだ。

相手が優れていないと思っているからだ。

相手に対する見下し、軽蔑心がある。だからこそ、「あの人はブスでかわいそうに」とと同情するのだ。

 

実は、無償の愛も同情に似ている。

無償の愛は、相手が劣った存在であること、価値がないこと、弱くて否定された存在であると思うからこそ生まれる感情である。

 

無償の愛は、軽蔑心であふれているのだ。

 

同情も無償の愛も、相手が劣った存在であること、肯定されていないこと、弱者であることを前提に生まれる感情である。

それにたいして、恋愛感情は、相手が優れていること、自分にとって価値あること、肯定された存在であること、強者であることが前提にある。

 

同情したり無償の愛を与えることができるということは、自分が相手より優れていることを意味する。相手が自分より劣った存在であることを意味する。

 

2.恋愛は先にもらう、同情はもらう計画をたてて後からもらう

恋愛は突発的に先にもらう

恋愛は、突然、予期せず相手から先に価値を与えてもらうことで生まれる感情だ。

相思相愛のためには自分の価値と相手の価値の等価交換が必要だが、恋愛では先に相手から価値を受け取る。

 

例えば、あなたが美人の女性を好きになる場合、あなたはすでに彼女から、見た目の美しさという価値を受け取っている。

突然現れた美女を見て、ハッとする。「か、かわいい。。。」一目ぼれである。突然の出来事。

美を鑑賞するという価値を提供してもらっているから、あなたは彼女に魅力を感じ、彼女を好きになったのだ。

もし彼女から何ももらっていなければ、あなたは相手を好きにはならないだろう。

 

優しい思いやりのある行為を相手に与えてもらえば、「あれっこの人優しい・・・いい人!好き!」となる。

 

それは突然やってくる。気づいたときにはすでに好きになっている。

 

婚活パーティーとかが上手くいきにくいのは、突然予期せず相手から価値を受け取ることがないからだ。

計画的に相手を選別しようとするから、恋愛感情も生まれにくいのだと思う。

恋愛には、突発性が必要なのだ。理性的に計画的に進めようとするのは、実は恋愛から最も遠い感情なのである。

 

相思相愛には等価交換が必要

ちなみに、そうして相手を好きなって、もし、相手が自分を好きになるようにさせるには、また自分から価値を提供しなければならない。

自分が相手にとって魅力的な価値を提供できれば、相手からも価値を受け取ることができる。

 

相思相愛になるためには、等価交換が必要である。『鋼の錬金術師』の言うとおりだ。

 

 もし自分に何の魅力もなく、相手が望む価値を何も提供できないならば、相手から自分を好きになってもらうことは難しい。

自分が何のとりえもないのに、自分だけ相手からもっと価値をもらおうとすると、相手は嫌がるだろう。

なぜならそれは、価値の交換ではなく、強奪だからだ。

 

同情は計画的かつ後から報酬をもらえる

それに対して同情は、あらかじめ価値をもらう計画をたてながら、相手から後から価値を受け取る行為である。

なぜなら、相手に同情することで、自尊心や自己肯定感が高まるだろうと予想しながら、その目標を達成するために相手に同情し、その結果、計画通りに報酬を受け取るからだ。

 

例えば、相手に同情し助けることで、自分はいい人だなとか、自分は優れているという肯定感などの価値を、受け取ることができる。

相手に同情した後に、価値を受け取ることができるのだ。恋愛と違って、価値を後から受け取るのが特徴だ。

 

あるいは、苦痛を消すという価値を受け取ることができる。

その相手がかわいそうで、見ているのが苦痛であり、相手に同情することによって、その苦痛を軽減したり消すことができるからだ。

 

相手に同情して助けたりすることによって、相手がかわいそうな状態ではなくなり、その姿を見ることによって、苦痛が消えるという価値を、後から相手から受け取ることができる。

 

このように、同情も、相手から価値を受け取る行為だ。

なぜなら、相手に同情することによって、相手から感謝されてうれしくなったら、自分の自尊心や自己肯定感が高まるからだ。

自分に対する報酬があるからこそ、人は同情するのだと思う。

 

例えば、同情は、「かわいそう」という理由で相手に価値を与える。

かわいそうな人を見てると自分が辛いから、その自分の辛さや痛みや苦痛を解消するために相手に同情するかもしれない。

 

相手に魅力を感じたから相手に価値を与えるわけではないが、相手から価値を後から受け取ることができる。

相手に価値を与えてもらったお返しではない。

 

まとめ

・恋愛感情は相手の優れた価値を認めるから生まれる肯定的な感情。

・同情は、相手が劣っていることを認め、軽蔑心であふれた感情。

・恋愛感情は、先に相手から価値を受け取る。

・同情は、価値を受け取ることを計画して、後から価値を受け取る。

『ヨルムンガンド』と『進撃の巨人』の思想の違い

『ヨルムンガンド』と『進撃の巨人』の思想の違い

『ヨルムンガンド』と『進撃の巨人』はどちらも名作だが、両作品の違いの1つは、「戦う」ことへの考え方の違いだ。

 

『ヨルムンガンド』の主人公ココは、世界平和を実現して、人類と武器を分離させることを目指している。

そのために、量子コンピューターで空の領域を制限し、空での戦いを無くそうとしている。

空で戦うことができなくなれば、軍事力や戦闘力は落ち、世界は武器から分離されていくというのだ。

 

だから、武器商人であるココは、自分の財力と、ミナミ博士の頭脳を使って新しい世界をつくろうとしている。

世界平和のためなら、70万人くらいの最低限の犠牲者が出るのは仕方ない、そのように彼女は考える。その直後ヨナが反対して立ち去るわけだが。

 

他方、『進撃の巨人』の根本テーマは、「この世界は残酷であり、かつ、美しい」こと、そして、「戦わなければ勝てない」ということ。

 

例えば、ミカサはエレンから「戦え」というメッセージを受け取り、覚醒して強くなる。

巨人に食べられそうになったときも、ミカサはエレンの「戦え」という言葉を思い出し、戦い続ける。

 

『進撃の巨人』においては、暴力や戦いを放棄することはむしろ悪いことだ。

暴力を放棄したところで、巨人たちに食べられるだけだ。

戦わないなら、暴力によって死ぬだけ。ならば、戦うしかない。

 

この点、『るろうに剣心』と『進撃の巨人』は考え方が似ている。

「所詮この世は弱肉強食。強ければ生き、弱ければ死ぬ」だと志々雄誠は言う。

剣心は志々雄の考えを否定して、「強ければ弱きものを助けることができる」と言っているが、全員弱かったり戦わなければ勝てないということを認めてしまっている。

だから、結局は志々雄誠の思想は否定されていない。

 

しかし、『ヨルムンガンド』自体も、ココの考え方には疑問符がつけられている。

なぜなら、彼女の兄キャスパーは、「人が武器を捨てることはない」と明言しているからだ。

ココは、空の戦いを封じて世界平和をつくろうとしているが、空がダメなら海上戦や陸上戦により力がそそがれるだろう。

何かを封じても、人は戦うことをやめない、とキャスパーは言う。

 

正確には、『ヨルムンガンド』は、結論を出していない。読者に答えを言ってない。

読者に問いを示しているだけだ。その問いに答えるのは、読者自身である。

 

『ヨルムンガンド』でココは。空での戦いを縮小させ、海や地上での戦いへと、戦いのエリアを小さくしていこうする。

対して『進撃の巨人』では、近代技術の進歩により、空中戦が強化され、地上の軍事力である巨人の力は小さくなっていく。

空の戦いが拡大されていくのが進撃、空への戦いが縮小されていくのがヨルムンガンド。

 

空中戦にたいする進展も正反対だ。

 

人が戦わないことを目指して戦うココと、戦いを諦めないで戦うエレンとミカサ、調査兵団。

2つの違いは明白だ。

 

2つの思想のどちらが正しいのか

私は、ココの考えは実現が難しいと思う。

なぜなら、生物は暴力なくして生きることができないから。

 

この世界が暴力によって成り立つことは真実だし、戦わなければならないことは真実だ。

その一方で、できるだけ軍事力を抑制していくことも、人類にとって必要なことは確かだ。

なぜなら、軍事力のインフレは、人間がその武器によって自滅するリスクもあるから。

 

しかし、武器や軍事力を制限し、世界平和を実現しようとすることは、問題もある。

みんなが軍事力を抑制しているのに、1つの国だけがルールを無視して自分たちだけ強い武器や軍事力を持てば、他の国が大きな被害を受けてしまう可能性があるからだ。

 

それはまるで、みんなで今回はテスト勉強しないでテストを受けようと約束しておいて、自分だけおもいっきり勉強して自分だけ高得点をとるようなものだ。

 

実際、他国が世界平和を実現しようと武器や軍事力に力を入れなかった間に、ナチスドイツはイギリスやフランスよりも強い軍事力をつけていったじゃないか。

第一次世界大戦のあと、各国は軍事縮小を進めていた。

でも、だからこそ、ナチスドイツは他の国より強くなれた。

 

誰かが裏切るんじゃないかという疑い。

そして裏切られた場合に受ける被害の大きさ。

それを考えたら、ココの考え方は非現実的だし、あまりよい結果になりそうもない。

 

だから、私自身は、武器や軍事力のインフレは避けられないし、避けてもあまりメリットがないと思う。

 

人間と武器を切り離すことなど不可能だ。

それを実現しようとすることは、必ず大きな反動を産みだす。

 

暴力なくして生き物は生きることができない。

他者を犠牲にしなければ、生物は生存できない。

 

軍事を縮小することによって、裏切りが起こり、また戦いは繰り返される。

このサイクルは、生きる証かもしれないのだ。

抑圧することは反発を生み出し、停滞は爆発を引き起こす。

 

空の戦いがないなら海上戦へ。それがダメなら陸上戦へ。核がないならミサイル、ミサイルがないなら銃、銃がないなら剣やヤリ。武器がないなら北斗神拳だ。

 

実際、皮肉にも、世界平和を実現しようとするココたちは、殺しのプロ集団でもあるのだ。

 

まあ『ヨルムンガンド』のほうが好きなんだけど。