読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中たかあきブログ

当たり前のことや基本をしっかりやることを大切にしてます。

批判や悪口が認知症を予防する

批判や悪口が認知症を予防する

人を批判したり、人の悪口を言う人は、認知症になりにくく、頭が元気で健康にいられる可能性があります。

 

フジテレビの『ホンマでっか!?TV』の中で、脳科学者の澤口俊之さんは、次のように言っています。

人の批判や悪口を言ったり、ボヤいている人は、ボケない。

それは、脳科学的な研究でわかっていることだそうです。

人の批判をしていると、脳が老化しないというのです。

 

ぼやいてる人はボケない

例えば、野球の野村勝也元監督はいつも人の批判をしたりぼやいたりしていますが、野村監督のような人はボケないはずだと、澤口先生は言っています。

実は脳を高度に動かしているからです。

 

同じ番組の中で、早稲田大学国際教養学部教授の池田清彦先生も、人の悪口を言うことは長生きの秘訣だと言っています。

だから、言いたい放題言ってるような、野村監督夫婦のような人は、頭がずっと元気でいられると述べています。

 

また、認知症専門家で医学博士のフレディ松川氏も、同じようなことを言っています。

フレディ松川氏によれば、小言幸兵衛はボケない、といいます。

小言幸兵衛とは、落語に出てくる、気むずかし屋で文句ばっかり言ってる大家のことです。

それゆえ、小言を言ってる気難し屋は認知症になりにくいということになります。

 

例えば、上司が部下にたいして、挨拶の仕方がなってないとか、書類の作り方が違うとか、仕事の順序が違うなどと、ぼやく、など。

姑が息子の嫁に対して、台所の整理整頓がなってないと言うとか、料理が口にあわないと言う、など。

 

実際、病院に3年入院していた、元会社役員の80代の患者Tさんは、いっこうにボケなかったそうです。

ふつうは、病院に何年も入院して、しかも80代を越えていたら、ほとんどの人はボケるか、半ボケの状態になるそうです。

 

しかし、そのTさんは、3年近く入院してるのに、認知症にならなかった。

松川氏がTさんに会って理由を調べたら、Tさんは、自分は昔から小言幸兵衛だったと言ったそうです。

 

したがって、人の批判や悪口をいつも言ってるような、ちょっとひねくれた感じの人は、いつまでも頭がしっかりしている可能性が高いです。

憎まれっ子世にはばかる、ということでしょうか。

 

しなかったことの後悔はNG

ただし、注意点もあります。

澤口俊之先生によれば、しなかったことを後悔したりボヤいたりするのは避けたほうがいいそうです。

なぜなら、しなかったことに対する後悔は脳老化を早めるからだそうです。

結果、ボケてしまうそうです

 

他方、何かをしたことによってこうなった、という後悔やボヤきは問題ないそうです。

 

また、澤口先生によれば、しなかった後悔によって寿命が短くなるというという研究もあるそうです。

 

なので、自分がやらなかったことに対してクヨクヨ後悔しないほうが、脳の老化を防げて、認知症予防になるようです。

 

結論

・批判や悪口や小言はボケ防止になる。

・でも、昔自分がやらなかったことを後悔すると老化が早まる

 

参考文献:フレディ松川『ここまでわかったボケる人ボケない人』、集英社、2002年

粋甘粛を食べた感想

粋甘粛を食べた感想

源吉兆庵が製造している、1個520円の高級お菓子「粋甘粛(すいかんしゅく)」を食べました。

干し柿の中に白あんが入った和菓子です。

 

f:id:puell:20170114180808j:plain

 

高いお菓子なだけあって、包装紙が豪華です。

f:id:puell:20170114180855j:plain

 

見た目は普通の干し柿です。

大きさは、小さすぎず大きすぎず。

f:id:puell:20170114180952j:plain

表面には干し柿特有の白い粉と、粒状のジャリジャリした砂糖がまぶしてあります。

干し柿の中に白あんが入っているので、けっこうズッシリした重さです。

粉や砂糖が下に落ちるので、食べるときは下に何かしいて食べたほうがいいですね。

 

f:id:puell:20170114181201j:plain

干し柿のなかに、けっこうしっかりとした量の白あんが入っていました。

白あんは、甘すぎず薄すぎず、ちょうどよい甘さだと思います。

 

干し柿と白あんの組み合わせ、普通においしいです。

白あんがしっかり入っていて、意外と食べごたえがあります。

表面についているジャリジャリした砂糖も組み合わさって美味しいです。

 

干し柿は普通に柔らかくておいしいです。

干し柿も白あんも、上品な甘みですね。

 

f:id:puell:20170114181417j:plain

 

ちなみに使われている柿は、長野県産の市田柿を使っているそうです。

1個520円の和菓子ですが、納得のクオリティだと思います。

原材料には、砂糖や白小豆、白あん、水あめ、澱粉加工品、寒天や赤酒、トレハロースやゲル化剤、調味料や酸化防止剤などが入っています。

おみやげや贈り物にもいいですね。

 

賞味期限は、書いてある表示を見ると、3週間くらいですね。

干し柿だし、けっこう日持ちします。

アイドルや2次元キャラが不倫を防止する理由

不倫をすれば「きもい」とか「最低」などと罵倒され足蹴にされ、社会的に叩かれる風潮がある。

でも、結婚しても恋愛をしたい。

そんな悩みを解決してくれるありがたい存在がある。

それは、アイドルや芸能人、アニメなどの2次元キャラである。

 

f:id:puell:20170113194052j:plain

 

芸能人や2次元キャラは、不倫を抑止する働きを持っているので、社会にとって非常に有益なものである。

なぜなら、アイドルやテレビタレントや、2次元のキャラクターとは、実際に恋愛関係を成就することが非常に困難だからだ。

 

それゆえ、もし人が、アイドルやテレビタレントや、アニメや漫画のキャラクターを大好きになって、1番の恋愛対象になれば、人が不倫をする確率は低くなる。

 

通常は、恋愛の対象が身近な生身の3次元の人間であるがゆえに、結婚していても不倫関係をもってしまう。

問題は、恋愛の対象が、実際に恋愛関係に発展可能な存在であるということだ。

 

だから、実際に恋愛関係に発展できない人物に夢中になれば、世の中の不倫は減るのである。

タレントやアニメや漫画の人物に夢中になれば、不倫は減り、夫婦が喧嘩になったり離婚裁判で揉めることもない。

 

例えば、夫がアイドルに熱を上げたとしても、実際に彼がそのアイドルと恋愛関係になる可能性はほぼゼロである。

だから、不倫によって妻と喧嘩になる可能背はほぼゼロ。

せいぜい、アイドルに熱中していることに対して引かれたり呆れ顔をされるだけだ。

なんの実害もない。

 

要は、妄想とかファンタジーの領域である。

だから、実際に不倫関係になることはない。

 

したがって、アイドルやテレビタレントや、2次元キャラクターに夢中になることは、既婚者が不倫するのを抑止する。

 

同時に、結婚しても自由に恋愛することを可能にするのだ。

なぜなら、どんなに相手のことを好きになって夢中になろうとも、恋愛成就できない人物だから。

 

既婚者だからといって、恋愛感情を無くす必要はない。

いくらでも恋愛はできるのだ、しかも不倫せずに。

 

なので、アイドルやテレビタレントや、アニメや漫画のキャラは、社会にとって非常に大きな付加価値を提供している可能性がある。

これらが発展することは、世の中からますます不倫を抑止する可能性を秘めている。