田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

『魔女の宅急便』における、ひとり立ち

魔女の宅急便における一人立ち 実家を出て一人暮らしする 角野栄子さんの童話『魔女の宅急便』は、宮崎駿の映画『魔女の宅急便』の原作です。 この原作が、非常に面白くて、私が好きな童話の1つです。 (※1) この作品で強く描写されているテーマは、自立す…

ユミルは自分の大切な人のために生きて、自分のために生きた

ユミルの個人主義と愛 『進撃の巨人』の中でユミルは、クリスタのために生きることによって、自分のために生きたのだと私は理解している。 単に人のために生きるのではなく、自分にとって大切な人のために生きることで、同時に自分のためにも生きる、という…

嫌なことからは逃げるが勝ち

嫌なことは積極的に逃げる 私の考えでは、嫌なことからは積極的に逃げたほうが、楽しく生きることができる。 よく「逃げちゃいけない」と言う人がいて、もちろんそれも1つの価値観だ。 しかし、嫌なことを無理やりやって苦しい顔をして苦労して辛い思いをし…

全体主義と個人主義には程度の違いがある

全体主義と個人主義には程度の差がある 全体主義にはいくつかの種類があり、度合いの違いがある。 個人主義にも、レベルの違いがあり、種類がある。 例えば、国の利益になることをある程度考え、個人の利益もある程度考える、全体主義と個人主義のバランスが…

モテないことの3つのメリット

非モテのメリット モテないことは悲しいこととは限りません。 モテないことはメリットもあるので、よいことでもあるのです。 1.お金が貯まる モテない人は、恋愛や結婚をあまりできないので、お金もかかりません。 もし恋愛をするとデート代やプレゼント代…

女性が求める「優しさ」の意味

女性が求める優しい男とは何か 女性と男性では、「優しい」という言葉の意味が違うのではないか、という仮説を私は立てています。 女性が考える「優しさ」とは、行動で示される優しさかもしれない、という仮説です。 そして、男性が考える「優しさ」は、心の…

実家に暮らす人は馬鹿にされる風潮

実家暮らしは恥ずかしくない 実家に住んでいる人は、半人前というか自立できてない人と見なされる風潮が、なんとなく社会にあります。 「あの人いい年してまだ実家に住んでるの?」 大人になって働きだしたのに、いまだ実家で親と一緒に暮らしていることは、…

自分を否定されるとなぜ苦痛なのか

自己否定の苦痛と自己肯定の快楽 自分を否定されるとなぜ嫌な気持ちになるのか 自分の悪口を言われたり馬鹿にされたり、見下されると、嫌な気分になります。 自分を否定されると、苦痛を感じて、なんとかこの苦しみを避けたいと思います。 なぜ、自分を否定…

株式投資がプラスサムでもありゼロサムゲームでもある理由

株式投資はプラスサムゲームかゼロサムゲームか 株式投資は、配当金や優待割引などのインカムゲインを目的にするなら、プラスサムゲームです。 なぜなら、企業から配当をずっともらえて、誰も損しないわけですから、プラスサムなわけです。 他方、価格が安い…

持ち家を買うメリットはホームレスにならないこと

持ち家のメリット 持ち家の最大のメリットは、何があっても、とりあえずホームレスにならないことです。 だから私もやはり持ち家は購入しておこうと考えています。 資産価値とかどうでもいいんです。 他方、賃貸の場合、年をとって老人になると、家を貸して…

キャベツを食べると便秘改善しました

キャベツで便秘改善 最近、スーパーでキャベツが1玉68円で安かったので、キャベツをよく食べる生活が続いています。 で、気づいたのは、便通の調子がとてもよいこと。 ジャガイモを主食にしたときも便秘は治りましたが。キャベツもかなりいいなと感じてい…

水曜日のカンパネラの曲がかっこいい

水曜日のカンパネラの曲が好き 独特の個性を放つ、アヴァンギャルド風の面白いアーティストグループがあります。 水曜日のカンパネラです(カンパネラとは、寺院の鐘という意味)。 音楽のメロディやリズムや言葉の語感などに徹底的にこだわっている音楽グル…

戸川純さんの不思議な魅力と伝統

戸川純さんの魅力と伝統 女性歌手の中で私が好きな人の1人が、戸川純さんです。 すごく面白いし、かっこいいし、かわいいし、コミカル。 私が一番好きなのが、『好き好き大好き』という曲です。 ここまで面白いミュージックビデオはあまり見たことありませ…

失敗しない告白の仕方はポケモンと同じである理由

成功する告白、失敗する告白 告白はポケットモンスターでモンスターを捕まえるのと同じです。 モンスターにダメージを与えていなければ、モンスターボールをいくら投げても、逃げられます。 モンスターにほとんど瀕死の状態になるくらいダメージを与えれば与…

生理を理解すれば女性をより理解できるはず

女性の生理を理解して女性をより理解する 女性がイライラしてたり不機嫌だったりして、男からすると「何であんなイライラしてんの?」って思うことあります。 このとき、生理とかホルモンの乱れなどの、女性特有の状態を理解すれば、女性をより理解できます…

恋愛や結婚をしないとダメなわけではない

恋愛や結婚をしないやつは他の人より劣っているという無言の圧力があるが、それは1つの評価基準にすぎない。 たしかに、社会や国の発展のためには、子どもを産んだほうがいいのだが、それは全体から見た視点である。 個人の意思とは別である。 ここに、全体…

東京のおすすめの美容室ade omotesandoで髪切りました

東京、表参道のおすすめの美容室、口コミ 表参道にあるオシャレな美容室ade omotesando(アデ・オモテサンドウ)で髪をカットしてもらいました。 カットがうまいお店として紹介されていて、ショートヘアが得意なお店だそうです。 担当してくださったZUMIさん…

恋をしたいなら相手に会わないほうがいい理由

目の前にいない不在の人を考えるとき、恋は高まる 恋をするためには、好きな人とあまり一緒にいないほうがよいです。 なぜなら、恋の特徴の1つは、その人物が自分の目の前にいないのに、その人のことを考えてしまう状態だからです。 その人が目の前にいない…

石焼チャーハンと餃子ランチ

小岩 ランチ 小岩駅の中のシャポーにある、オリーブチャオという店でランチを食べました。 鉄鍋小籠餃子ランチを頼みました。 器が鉄なので、熱々です。アツアツの水餃子です。 味は普通でした、普通においしい餃子です。そして熱いです。猫舌の人は少し大変…

マルイのネット通販で靴を買いました

マルイのネット通販で靴を買う マルイのネット通販で久しぶりに買い物。 新しい靴を買いました~ 今回は、プリンチペ・ディ・ボロー二ャ(PRINCIPE DI BOLOGNA)というブランドの ドライビングシューズを購入しました。 私はドライビングシューズが好きみた…

ロマンチックな恋と誠実な愛の違い

ロマンチックな恋愛と誠実な愛の違い 誠実な愛って、重い傾向があります。 程度の差はありますが、誠実に誠意のある恋愛をしようとすればするほど、漬物石のように重くなります。 テンポも遅いというか、重厚なリズムであり、重々しいものになりがちです。 …

老人と若者の格差問題は、家制度の崩壊を意味する理由

世代間格差は、家制度の崩壊と、若者の自由を意味する 核家族は老人の経済援助を難しくする 老人と若者の階級闘争は、核家族が増えたことが最大の原因だと私は考えます。 三世帯同居や二世帯同居のように、祖父母や親や子が一緒に住むならば、高齢者がお金を…

彼氏や彼女や夫に飽きられる本当の原因

彼氏や夫に飽きられる理由 恋人や結婚相手に飽きられる最大の原因は、相手に価値を提供できなくなるからだと思う。 まず、単純に、相手に価値を与えられなくなっている場合。 例えば、結婚する前は優しかった妻や夫が、結婚した後は優しくなくなり怖くなった…

先に与えれば恋愛や人間関係は成功しやすい

恋愛や人間関係のコツは、先に与えること 先にもらおうとする人は嫌われる 失敗する恋愛や、政治や人間関係でうまくいかない原因の1つは、相手から利益をもらうことばかり考えて、相手に何も価値を提供しないことだと思う。 例えば、相手に何もメリットを与…

自分の好きなことをするという罠

自分が好きなことをやるデメリット 「自分がやりたいことをやろう!」とか「自分が好きなことをやろう!」という言葉は、耳ざわりもいいし、前向きになれます。 しかし、受動的に物を好きになると、誘惑に負け続ける人生になる可能性もあります。 自然な感情…

かぼちゃを食べると若返るのか

かぼちゃを食べると若返るのか かぼちゃの中に入ってるビタミンEには、若返り効果があるという説は、16年前の私が小学生のころから言われています。 私は小学生のころ、家の本棚にあった、食べ物に関するある本を読んで、かぼちゃのビタミンEに若返り効果…

恋愛結婚が少子化の原因の1つだと思う理由

恋愛結婚が少子化の原因の1つだと思う理由 恋愛結婚は難しい 恋愛をしてから結婚をするものだ、という恋愛結婚主義が、結婚のハードルを上げてしまい、その結果、結婚しにくい状態になっていると私は考えます。 なぜなら、恋愛結婚は難易度が高く時間もお金…

ジャガイモを食べると便秘になりにくい感じ

ジャガイモ 便秘改善 最近、夕食の主食をご飯やパンではなく、ジャガイモにしています。 ジャガイモを主食におかずを食べるという、ドイツ人やオランダ人みたいな生活をしているのですが、便通がとてもよくなったと感じています。 最近少し便秘がちだったの…

チリヌルヲワカのユウさんの、眠れない夜に眠る方法

チリヌルヲワカのユウさんの、眠れない夜に眠る方法 チリヌルヲワカのボーカルであるユウさん(中島優美)が、眠れない夜にスゥーッと眠る方法をラジオで言ってました。 それは、無心になることです。 邪念をとっぱらって無心になるように、自分に暗示をかけ…

プロとアマチュアの違いは時間感覚かもしれない

アマチュアは短期的、プロは長期的に考える プロのアマチュアの違いの1つは、時間のとらえ方だと私は思うんです。 プロの人は、長期で物事を考える傾向があります。 アマチュアの人は、短期的な事柄を考える傾向があります。 例えば、甲子園などの高校野球…

「ガンに抗がん剤はいらない」を妄信する危険

ガン 抗がん剤いらない 最近、ガンに抗がん剤はいらないだとか、99%の医者は抗がん剤を使いたがらないなどという話があるが、あまり信用しないほうがいい。 なぜなら、実証されたわけでもなく、根拠が非常にとぼしいからだ。 あるいは、間違った根拠や古…

結婚しないといけない風潮にしたがう必要などない

結婚しないといけないという風潮 「結婚すべきだ」「結婚しなければならない」「結婚しないのはおかしい」といった風潮は、あくまで社会の規範であり、社会のルールや趣味や欲望にすぎない。 あなた自身の欲望やルールはそうではないかもしれない。 あなた自…

失ってわかるヤマト運輸のありがたみ

失ってわかるヤマトの配送力 ヤマトが離脱したアマゾンで荷物が届かないトラブルが起きているらしい。 なんでも、ヤマトが離脱したあとの代わりに入った配送業者が不在連絡表を置いていってくれなくて再配達依頼ができてい人がいたらしい。 本当かは知らない…

子育てパパがもてはやされていますが

子育てパパやイクメンが偉いという風潮 子育てパパとかイクメンが女性たちから歓迎されています。 家事も育児もしっかりやってくれる夫は人気が高まっていて、家事や育児をしない男は女性たちから批判されがちです。 このようなイクメンを持ち上げる風潮に染…

「年収が低い男は結婚できない」は嘘

年収低いと結婚できないというウソ 結婚するだけなら楽勝 結論から言うと、年収が低くても結婚は普通に問題なくできる。 なぜなら、大学などの学費は奨学金制度があるので、子育ての最大の出費である教育費は、実際はあまりかからないからだ。 つまり、大学…

航空会社バニラ・エアが責められてて気の毒になる

車いすの人を搭乗拒否したバニラ・エア 航空会社が一方的に悪いわけじゃない 車いすの男性が車いすに乗ったまま飛行機に乗ろうとしたら、車いすに乗ったまま機内に搭乗することはできないと言われたことで、航空会社のバニラ・エアがすごく叩かれていて、気…

藤田ニコルさんはカリスマの中のカリスマ

芸能人の中で好きな女性の1人が、藤田ニコルさんです。 とても魅力的で、カリスマ中のカリスマだと思います。 ノリで生きているというのがカッコいいですね。 日々、メイクやファッションなどの時流を研究し、トレンドを把握して最先端を進む女性、という感…

NHKのネット受信料の徴収はナイス考えだ

NHK ネット受信料 あのNHKが、今度はネットを使ってる人に対してネット受信料を新設しようと検討しているらしい。 え?これネット使ってる人全員徴収されるの?とビクついた。 そう思って 心配してたけど、全然大丈夫! どうやらネット受信のアプリを入れて…

なぜ女子高生はスカートを履かないといけないのか?

なぜ女子高生はスカートを強制されるのか? 中学生も高校生もなんだけど、女子はなぜ制服がスカートでないといけないんだろう? せめて自由に選べたほうが、個人の価値観を尊重できると私は思う。 「女はスカートを履くべきだ」「女らしくあるべきだ」という…

小池知事や安倍首相は偉大なリーダーだ

小池知事や安倍首相は素晴らしいリーダーだ 小池都知事や安倍首相の活躍を見ていると、リーダーとは本当に大変な仕事で、偉い存在だなとしみじみと思う。 なぜなら、責任を引き受けているからだ。 例えば安倍首相は、日本という国のトップとして、多大な責任…

須藤凛々花はファンに夢を与える真のアイドルだ

須藤凛々花 ファンと結婚 MNB須藤凛々花さんの結婚相手は、なんとファンの男性であった。 この衝撃の事実は、全国のアイドルファンに夢と希望を与えた。 なぜなら、自分ももしかしたら、アイドルと付き合えるかもしれないからだ。 ファンがアイドルと付き合…

高齢者がお金使わないのは安楽死で解決できる理由

お年寄り お金使わない 安楽死できるように法律を改正すれば、高齢者がお金を貯めこまず、使うようになり、お金の流れもよくなり若者にお金もいきわたり、日本経済は回復します。 なぜなら、高齢者がいつでも安楽死できるなら、老後の病気や介護の不安を消す…

レーシックは30歳以降にやるといい理由

レーシック いつやるべき レーシック手術はいつやるのがベストなのか?何歳でやるとよいのか、タイミングがわからないという人が私の周りにもけっこういる。 知り合いの眼科の医者の先生に教えてもらったのだが、レーシックは30歳以上になったらやるといい…

須藤凛々花の結婚はニーチェ哲学だ

須藤凛々花 ニーチェ哲学 須藤凛々花さんが結婚発表して大衆から叩かれているが、この結婚宣言はまさにニーチェ哲学を愛する須藤さんらしい。 ご存じのとおり、須藤凛々花さんは哲学者ニーチェを尊敬している。将来の夢は哲学者になることらしいが、今回の結…

須藤凛々花の結婚はファンへの裏切りではない理由

須藤凛々花 結婚 結論から言うと、ファンが怒るものガッカリするのは当然だし気の毒だと思う。 そして、MNBの須藤凛々花さんが結婚することも、決してファンへの裏切り行為ではない。なぜなら結婚するだけで恋愛したわけではないから。 別に総選挙は人気ラン…

進撃の巨人アニメ二期12話の感想

進撃の巨人アニメ二期12話の感想 ヒロインをしてるミカサちゃん ミカサの告白タイムが今回の一番の見どころだが、ミカサの声が割と上ずった声だったなーという印象。 普段冷静な声で話すので、今回みたいに乙女チックな声でしゃべるミカサは初めてだろう。…

モテない女性は落としやすい理由

モテない女性は落としやすい 女性に手っ取り早くモテたいなら、モテない女性にターゲットをしぼるのが効率的です。 なぜなら、モテない女性は、恋や愛に飢えているからです。 どの男性からもモテない=自分を否定された感じ、の状態です。 自己否定感の塊で…

宮台真司さんが提唱する「絆」とは時間が作る愛だ

宮台真司さんが言う「絆」の意味 宮台真司さんって「恋愛しない男はクソだ」とか「ヘタレ男ばかりだ」とか人を見下して優越感にひたる感じが嫌いなんだけど、けっこう鋭いことや面白いことも言う。 宮台さんは絆をつくる恋愛を推しているいるが、絆とは、時…

格差社会は悪ではない理由

格差社会は悪ではない 経済格差や格差社会は悪だという風潮があるが、私はそうではないと思う。 なぜなら、格差のない平等な社会は、人々の競争意欲を無くして、やる気を失わせるからだ。 また、格差があるということは、人に価値を提供した分だけ、多くのお…

移民を批判しただけで70歳の女性が投獄されようとしてるスウェーデン

スウェーデンの女性が移民を批判したら人種差別で投獄されそうに こちらの記事によれば、スウェーデンで、70歳の女性が人種差別をしたとして4年間の投獄になる可能性をめぐって、裁判で戦っている。 www.informationliberation.com 彼女が人種差別で訴え…