田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

哲学

自分で理由を生み出す者が神、という共通の思想

デカルト、ライプニッツ、ニーチェの共通した答え 絶対に疑えない前提や根拠は何か?という問いに対して、デカルトとライプニッツとニーチェは、同じ答えを出している。 その答えとは、自分自身が根拠になるということであり、自分自身で前提を生み出せる自…

1つのものだけに執着し続けるのは難しい

執着する生き方は難しい 人は、何かに執着するが、たった1つのものだけを徹底的に執着し続けることは非常に難しい。 なぜなら、人は飽きるからだ。執着力が弱いのだ。 例えば、どんなに好きな人とでも、いつも一緒にいたら飽きる。 どんなに好きな食べ物で…

若者言葉は新しい観点を発見するイノベーションだ

若者言葉が軽薄だというのは趣味の違い 「ヤバい」を使うか、軽薄で汚い言葉かどうか、は人それぞれ 例えば、「ヤバい」と言う言葉は、軽薄だとか、語彙力が乏しい、貧しい日本語などと批判されることがある。 しかし、これは単に各人の趣味の違いにすぎない…

私が哲学を学び始めたきっかけ

私が哲学を学んだきっかけ 私は大学3年生まで、島根県立大学という大学に通っていましたが、2011年にその大学を中途退学して、千葉大学文学部の哲学講座に3年次編入学し、哲学を本格的に学び始めました。 大学3年生を2回やっており、実質的に一浪した…

キルケゴールの哲学における反復と絶望の概念

キルケゴール哲学を解説 人は2つのものの間を反復する キルケゴールの哲学の本質は、反復と絶望です。 反復とは、2つのものの間を行ったりきたりする運動のことです。 あちらを立てればこちらが立たず、という相反する2つのモノの間をウロウロと行ったり…

1つの姿に固執すると他の観点が見えなくなる

1人の人物に固執すると世界全体を見えなくなる 恋人や結婚相手、好きな歌手やタレントや、好きな作家などがいて、その好きだった人の姿や作風が変わってしまうと、劣化したとか批判されることがある。 好きだったものが変わったしまったことを悲しむのは当…

女性が求める「優しさ」の意味

女性が求める優しい男とは何か 女性と男性では、「優しい」という言葉の意味が違うのではないか、という仮説を私は立てています。 女性が考える「優しさ」とは、行動で示される優しさかもしれない、という仮説です。 そして、男性が考える「優しさ」は、心の…

自分を否定されるとなぜ苦痛なのか

自己否定の苦痛と自己肯定の快楽 自分を否定されるとなぜ嫌な気持ちになるのか 自分の悪口を言われたり馬鹿にされたり、見下されると、嫌な気分になります。 自分を否定されると、苦痛を感じて、なんとかこの苦しみを避けたいと思います。 なぜ、自分を否定…

「幸福」という言葉は人を騙す

「幸福」とは何か 「幸福」という言葉に対応するもの 言葉は、何かその言葉に対応する物があることを想像させる。 「幸福」という言葉も、それに対応する「何か」が存在するんじゃないかと人に思わせるパワーを持っている。 「幸福」という言葉があるからに…

理性の本質は秩序を発見すること

理性とは何か 理性は、法則や規則や秩序を発見する能力だ。 例えば、ニュートンは、この世界に万有引力の法則があることを発見した。 世界の中にある物理法則を見出したのだ。 春夏秋冬という季節の移り変わりも、一定のサイクルという法則性である。 色だっ…

欲望とは何か、特徴と本質

欲望とは、あるものを欲しいと思う感情だ。 なぜ、欲しいと思うのか?それは、結局のところ、好みの問題であり、欲しいから欲しいわけだ。 欲望の特徴 希少性と欲望 欲望の本質の1つは、希少性だ。 「欲しいんだけど、手に入らないかもしれない」状態のとき…

美人を見ることで、人は永遠の美のイデアを見出す

美人を見れば、美そのものを見れる 現実の美人やかわいい人を見ることによって、人は美そのものを見出す。 その美人の女性の美しさは永遠ではないし、年をとっていくにつれ美しさは失われてしまうが、今現在この瞬間は美しいので、その瞬間の彼女には、永遠…

やがて死んで永遠に無になり二度と生き返らないってよく考えると怖すぎ

よくよく考えてみれば、せいぜいあと数十年したら、自分は死んで、そして永遠に無であるというのは、ショックというか、空しいというか、世界自体が消えてしまうような独特の恐怖がある。 最近また急にそう考えるようになってきた。 私という意識は消えてし…

自己愛があるから他人を愛せる

愛とは何か あらゆる愛は、自分を愛するからこそ成立すると思う。 なぜなら、「愛したい」という欲望を持つからこそ、人は何かを愛するからだ。 そして、相手を愛する状態のほうが、愛さない状態より好ましいと思うから、人は他人を愛するからだ。 もし、相…

「愛している」と「愛したい」の違い

自分が誰かを愛しているというのは、すでに完了形であることに特徴がある。 「愛そう」と意識するまでもなく、もうすでに愛してしまっている。 他方、誰かを「愛したい」と考えるときは、そう意識しなければ愛せないほど、相手にたいする愛の感情が欠けてい…

田島正樹の哲学の魅力

田島正樹 哲学 田島正樹さんの哲学の中で、最も面白いと私が思うのは、次の2つだ。 1つは、物事の意味は、どの時間で見るかによって変わること。 2つめに、観点によって複数の真理があるということ。 1.田島正樹の時間論的意味論 田島さんの哲学で最も…

哲学は時間の無駄だと思う理由

哲学っていうのは、基本的にお金のない、賢くない人がはまってしまうもので、貴重な人生の時間を浪費する活動だと私は思っている。 哲学は自分の大事な人生を奪ってしまうものなんだ。価値観は人それぞれだが、私の価値基準から言えば、哲学は人生の無駄だな…

千葉大学で哲学を学んだ感想

千葉大学 哲学 千葉大学の文学部の行動科学科に入ると、心理学とか哲学とか社会学とかいくつかのコースを選べるのだが、その中の哲学講座で学んだ感想です。私は3年次編入で途中から入りました(^^♪ ギリシャ哲学から近代哲学、現代哲学、東洋哲学(中国哲学…

不平等が必要である理由(ハイエク)

「不平等は必要である」 ハイエクはそう考えました。 その理由は、不平等によって社会は進歩するからです。 ハイエクは、進歩は不平等を生むけれども、経済の前進は、不平等なしには不可能だと考えているようです。 なぜなら、進歩によって得られる利益を受…

自由とは何か(ハイエクの場合)

自由とは何か。 今回は、ハイエクが定義する自由について紹介します。 自由の定義 自由とはどういうことか、この問いに対するハイエクの答えはズバリ、自由とは強制がないこと、です。 非常にシンプルな答えです。 正確に言うと、一部の人が他の一部の人によ…

敵は味方でもある理由

敵と味方は一体のものである、とプルタルコスは言っています。 なぜなら、敵は、自分について真実や鋭い指摘を言ってくれて、有益だからです。 嫉妬や敵愾心とか、競争心などの、敵意の感情を持たない国制は、今まで存在していませんでした。 そんななか、友…

ホッブズの倫理学

『リヴァイアサン』の中でホッブズは、善悪とは本人の欲望の対象が何かによって決まる、と言っています。 ホッブズは、本人が欲するものが善いものであり、本人が嫌悪する対象が悪いものである、と言っています。 それゆえ彼は、何が善いもので、何が悪いも…

絶対に疑えないものは何か

理性的な人なら誰も疑えないような、それほど確実な知識ってあるのか。 数学者のバートランド・ラッセルは、このように問いました。 そして、この問いは、一見するとあまり難しくなさそうですが、実は1番難しい問題なんだ、とラッセルは言っています。 私た…

論理とは何か

論理とは何か、論理の基本について書きます。 前提から結論を導くのが論理 何かを考えるとき、人は論理とか理由を使います。 そのとき、人は前提をたてて、結論を導こうとします。 例えば、「彼は数学のテストが100点だった。今回の数学のテストは難しか…

見方が変わるとはどういうことか?

ものの見え方が変わる、とはどういうことでしょうか。 例えば、下の絵のように、杯があるように見えたり、2人の人が話しているように見える、というような場合です。 杯の絵にも見えるし、2人の人が向かい合って話しているようにも見えますよね。 同じ対象…

意識を科学の研究対象にすることはできるのか

こんにちは、田中です。 意識って、科学で研究できるんでしょうか。 疑問に思ったので、考えてみます。 考えられる1つの前提 科学って客観的に考えますよね。 でも意識って、主観的なものですよね。 例えば、私が悲しい気分を持つとき、その悲しみの感情は…

人と対話すれば相手の善悪感がわかる

何が善いか悪いかという判断は、何を基準に価値判断をするかによって、ある程度相対的なものです。 例えば、お金を重視する人と、家族を重視する人とでは、同じ物事に対して、それが善い行為か悪い行為か判断が変わるかもしれません。 では、もし善悪が相対…

善悪とは何か

善悪とは何か。 善悪とは、目的や欲望に対して適切であるかどうか、ということです。 なぜなら、「善悪」という言葉を人がどのように使うかによって決まるからです。 多くの人は、目的や欲望を基準に、善悪を判断します。 今回は、善悪の意味について書きま…

言葉の意味とは何か

こんにちは、田中です。 言葉の意味とは何かという話をします。 結論から言うと、私は主に2つの要素があると考えます。 1つめは、使い方です。言葉やものや身振りの使い方です。 2つめは、イメージとか、見たり触ったりという知覚情報です。 以下で、詳し…

価値があるとはいかなる意味か第2回

こんにちは、田中です 前回の続きです。 「価値がある」という表現は、どういう意味なのかを考えていました。 じゃあ、どうやって意味を決めるのか、という話になりますよね。 「価値がある」という表現の意味を決める基準は何なのか、どうやって意味を決め…