田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

『魔女の宅急便』における、ひとり立ち

魔女の宅急便における一人立ち 実家を出て一人暮らしする 角野栄子さんの童話『魔女の宅急便』は、宮崎駿の映画『魔女の宅急便』の原作です。 この原作が、非常に面白くて、私が好きな童話の1つです。 (※1) この作品で強く描写されているテーマは、自立す…

『ヨルムンガンド』と『進撃の巨人』の思想の違い

『ヨルムンガンド』と『進撃の巨人』の思想の違い 『ヨルムンガンド』と『進撃の巨人』はどちらも名作だが、両作品の違いの1つは、「戦う」ことへの考え方の違いだ。 『ヨルムンガンド』の主人公ココは、世界平和を実現して、人類と武器を分離させることを…

エレンがかっこいいところ、魅力

エレンのかっこいいところ、魅力 自由になりたい 『進撃の巨人』主人公のエレン・イエーガーの魅力は、目標に対する行動力の高さだ。 エレンの最大の欲望は、自由になることだ。 自由になりたいからこそ、壁の中で生活することを彼は嫌っていた。 自由への欲…

ミカサのかわいいところの考察

ミカサ かわいい ミカサの魅力は次のものがある。 ・単純にかわいい ・しゃべり方、話し言葉が固い、やや男っぽい ・ヒロインなのに戦闘が強く男前な感じのギャップ ・守られるではなく自分が主人公を守るヒロイン設定 ・腹筋を含めたヒロインにあるまじき強…

エレンに対するミカサの愛情の特徴

エレンにたいするミカサの感情 『進撃の巨人』に出てくるミカサがエレンに対して持っている感情の特徴は、エレンという存在自体を愛しているところである。 エレンが元気に生きていることを、ミカサは望んでいる。 なぜミカサはエレンが元気に生きていること…

ループ説はミカサが引き起こしてる可能性

進撃の巨人のループ説とミカサ 『進撃の巨人』の世界がループしている場合、ミカサ・アッカーマンがカギを握っている可能性があります。 つまり、ミカサがループを引き起こしているかもしれないのです。 その理由は以下です。 1.デジャブ発言 ミカサは何回…

『進撃の巨人』のテーマ

進撃の巨人のメッセージ 諌山創さんが意図している『進撃の巨人』の第一のテーマは、弱肉強食の世界だと思います。 第二に、戦う必要があるということ。 強ければ生き、弱ければ死ぬ。弱肉強食の残酷な世界。 それが示されている場面が、2巻のミカサのセリ…

ミカサはエレンが好きなのか

ミカサはエレンのこと好きなのか 結論から言うと彼女は彼のことが好きだろう。 恋愛的な好き、唯一の家族としての好き、保護者的な意味での好き、尊敬という意味での好き、などが複雑に混じっているだろう。 異性として好き まず、恋愛的な意味での好きとい…

座標はミカサかもしれない

座標 ミカサ 『進撃の巨人』12巻で、エレンがカルライーターの巨人にパンチしてぺチンとなっている。 あれを見ると、一見、カルライーターに触れたことによって、王家の血の力のためにエレンの始祖の巨人の能力が発動したように見える。 しかし、それに注…

『進撃の巨人』のミカサと『デスノート』の弥海砂の共通点

ミカサと弥海砂は似ている 『進撃の巨人』のヒロインであるミカサ・アッカーマンと、『デスノート』のヒロインの弥海砂(あまねミサ)は似ている。 2人とも、両親を殺され、絶望の中にいたところを、主人公の男に救われる。 正確に言うと、自分の両親を殺し…

漫画の強い女キャラを思いついたの書いてく

漫画の強い女キャラ 1.人造人間18号(鳥山明『ドラゴンボール』) 戦闘能力で言えば、おそらく全漫画の中で最強の金髪女キャラである。 なぜなら、スーパーサイヤ人化したベジータやトランクスに圧勝するくらいだからである。 空を飛ぶことができ、手の…

子どもと楽しめるおすすめの絵本11選

子どもや孫が喜ぶ絵本のおすすめ11選 子どもや孫と楽しく読めて子どもが喜ぶおすすめの絵本を紹介します。 『恐竜が町にやってきた!』 (画像引用:ドム・マンセル『恐竜が町にやってきた!』、岩崎書店、1993年) 『恐竜が町にやってきた!』は、も…

子供への正しい接し方とは

子どもとのコミュニケーションの取り方 子供が元気に育つには、子供にどう接すればいいのか? どんな言葉をかければよいのか? それは、子供が自分を肯定できるような言葉や態度をとることかもしれない。 言い換えれば、子供を否定したり、子供に劣等感を植…

『100歳まで健康でいたければこれを食べるのをやめなさい』の感想

白澤卓二『100歳まで健康でいたければこれを食べるのをやめなさい』感想 糖尿病や生活習慣病を予防したい人にとっては非常に役に立つ本です。 というのも、糖尿病や生活習慣病の原因の本質について書かれているからです。 それは、食べ過ぎ、飲み過ぎです…

敵は味方でもある理由

敵と味方は一体のものである、とプルタルコスは言っています。 なぜなら、敵は、自分について真実や鋭い指摘を言ってくれて、有益だからです。 嫉妬や敵愾心とか、競争心などの、敵意の感情を持たない国制は、今まで存在していませんでした。 そんななか、友…