田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

稼ぐ前に節約しないとお金は増えない

稼ぐ前に節約をする

いくらお金をたくさん稼いでも、出費がそのぶん多ければ、お金の余裕は生まれないし、いつもカツカツになってしまう。

 

実際、年収1000万のサラリーマンの人でも、見栄をはって高級車や高級な時計、マンション、子どもの私立の教育費などで、毎月苦しい生活をしている人はけっこういる。

 

たくさん給料があっても、たくさん消費してしまっては、生活はプラマイゼロで、苦しままだ。

大事なのは、収入の金額より、支出の金額が少ないことだ。

 

たくさん稼いでも、支出の金額のほうが多かったら赤字である。

逆に、多少稼ぎは少なくても、支出が収入より少なければ、黒字である。

 

収入より支出金額が少なくなるように節約することが必要だ。

 

例えば、無駄な交際費を無くすのは大きい。

無駄な飲み会、集まりは、お金を結構使う。

無駄な人間関係の集まりに交際費を使わないことは重要である。

 

とはいえ、結婚式などの冠婚葬祭も、けっこう積もり積もって大きい出費なのだが、なかなか行かないわけにもいかない。

なので、飲み会とかママ友ランチとか、そういうどうでもいい集まりに参加するのを減らすほうが現実的だろう。

 

また、見栄をはりすぎないで、身の丈にあった生活をすることも、人は意外とできない。

頭ではわかっていても、意外と人は見栄をはってしまう。

見栄を張ることもある程度は大事なのだが、気を付けないとお金はどんどん減る。

 

収入とバランスのよい出費であるかどうかが全てだ。

 

オシャレをするのは良いことだし、よい家に住むのもテンションが上がる。

問題は、収入とのバランスがとれているかということ。

収入より出費が多いと苦しくなる。

 

見栄は怖い。

見栄をはりすぎて、収入と支出のバランスシートが崩れると、節約できないしお金もたまらない。

 

まずは支出を今の収入より少なくするようにする。

まずはそこからである。

稼ぐ金額を増やすのはその後だ。

蛇口から漏れている水を止めるのが先である。