読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中たかあきブログ

当たり前のことや基本をしっかりやることを大切にしてます。

意識を科学の研究対象にすることはできるのか

こんにちは、田中です。

意識って、科学で研究できるんでしょうか。

疑問に思ったので、考えてみます。

 

f:id:puell:20151028125153j:plain

考えられる1つの前提

科学って客観的に考えますよね。

でも意識って、主観的なものですよね。

例えば、私が悲しい気分を持つとき、その悲しみの感情は私の心の中で生じるものなので、主観的なものです。

 

もしそうなら、自分の意識を知ることができるだけ、他人の意識を考えることはできない。

意識が客観的なものではないとすると、科学で意識を研究することなんてできないのではないか、という気がしてきます。

 

つまり、科学で意識を研究するときには、次のようなことになるかもしれません。

1.科学は客観的でないといけない。

2.意識は主観的なものである

3.したがって、意識を科学的に研究することは不可能である。

 

よりわかりやすく言うと、次のようになります。

1.科学的な研究が可能なのは、客観的に観察可能な現象だけである。

2.私たちが持つ普通の意識は客観的に観察することは不可能だ。

3.したがって、普通の意識を科学で研究することは不可能だ。

 

要は、科学は客観的なものなのに、意識は主観的なものだから、科学では研究できないよね、ということです。

 

例えば、朝起きて、寒くて不機嫌になったとします。

不機嫌な気分であることは、本人の主観的なものです。

本人が、寒さの感情を持っていることは、主観的なことです。

 

見た目とかである程度推測はできる

普通は、本人が意識をもっていたり、どんな気持ちであるか、ということは、その人の顔とか雰囲気を見ていればわかる、と考えますよね。

歯をガチガチさせていたら、「寒いの?」と彼に言うことができます。

 

その人の表情とか動きとか雰囲気を観察することで、その人に意識があることはわかりますよね。

目を動かしてしゃべってるし、彼は意識を持ってだろう、と推測できます。

 

これって、客観的に意識があるかどうかを確かめることができる、というかもしれません。

表情とか動きとかを観察することによって、ある程度客観的に意識を研究できるような気もちょっとします。

 

人間そっくりのロボットがいたら

しかし、人間そっくりのロボットがいたら、そのロボットが本当に意識をもっているのか、ちょっと分からなくなりますね。

なぜなら、見た目とか表情は、全部プログラミングされているだけ、自動的に動いているだけ、という可能性があるからです。

 

例えば、ロボットが怒ったり悲しんでいるような顔をしていたとしても、それは単にプログラミングされてそのように自動的に動いているだけかもしれないからです。

ロボットは何の意識持ってないけど、あたかも意識があるように動いているだけかもしれません。

 

だから、そう考えると、単にその人の振る舞いとか表情だけでは、本当に意識があるか分からないです。

また、意識があるのか確かめようがないです。

 

見た目とかで、意識があるかどうかを確かめることが難しいならば、客観的に意識があるかどうかを知ることは、非常に難しいように思われます。

なぜなら、振る舞いとかではわからないけど、本人は哀しみとか喜びといった意識をもっているかもしれないからです。

 

というわけで、意識を客観的に研究することは、難しそうな気がします。

 

そもそも、定義できるのかわからない

そもそも意識というのを定義することが、すごく難しいです。

「意識」という言葉で何を指すのか、何を指すと定義するのか、それがよくわからない。

 

「自分の独特のこの感じ」とか「いや、オレは確かに意識があるんだよ」と言うしかないんですよね。

 

意識を他のものと対応させることができるか

ポイントとなるのは、意識を何か他のものと対応させることができるかどうか、かもしれません。

意識を客観的に研究するとして、何を基準にするのか。

何を手がかりにして、意識を考えるか。

それが何らかのパターンなのか、基準なのか

それが決まらないと、客観的に意識を考えることはできないと思います。

 

しかし、次のような反論があるでしょう。

 

・議論をする前に、使う言葉をしっかりと定義する必要がある。

・科学はそもそも本当に客観的なものか。

の2点です。

なので、ちょっとこれらについて整理してみます。

 

f:id:puell:20151028125219j:plain

1.「客観的」の意味をまず定義する必要がある

まず、科学は客観的なものだ、という表現を私が使ったのですが、「客観的」とはどういう意味か、定義があいまいです。

「客観性」とか「客観的」という言葉を、どういう意味で使うのか、定義をしなければ、議論が先に進みませんよね。

 

例えば、「客観性」を、「誰もが確認できること」と定義するのか、

「公平な判断ができること」と定義するのか、

「感情に流されないこと」と定義するのかによって、

科学が客観的であるという前提の意味が変わってきますね。

 

2.そもそも科学は客観的なものなのか

 私は、科学は客観的なものだ、という前提をしていましたが、そもそも本当に科学は客観的なものなのか。

 

というのも、科学の方法で観察する人もまた、主観的な意識を持っているだけかもしれないからです。

科学そのものもまた、人の意識の働きによるものです。

 

もしそうであれば、客観的な研究そのものが、そもそも成立しない、という疑いを持つことが可能になってしまうのです。

 

それは困りますね。

なんだか、科学とか科学的な研究というものについて、足もとがグラグラしてきました。

 

もしかしたら、「客観的」の定義によっては、「科学は客観的である」、という前提が成立しないかもしれない可能性もあります。

 

また、このことを考えるためには、「科学」という言葉も先にしっかり定義する必要がありますね。

そして、科学という概念が何なのかも明確にしたほうがいいですね。

 

いただいたコメントの中で、意識とは何かを問うことは、科学とは何かを問うことに等しいかもしれない、というご指摘がありました。

意識の問いは、科学という営みそのものに関わってくる問題かもしれません。

 

3.「意識」という言葉をまず定義する必要がある

 「意識」という言葉もしっかり定義しなければいけません。

意識について議論しようとするなら、まず「意識」という言葉をどういう意味で使うのか決めないと、論理的な思考ができませんよね。

 

意識という言葉の使い方としては、2つの使い方が少なくともあるようです。

その説では、内容を持つ意識と、内容をもたない意識に分けることができます。

 

内容を持つ意識

例えば、「目の前にコップがあるな」とか「自分は今すごく悲しい」というように、

言葉によって表現できるものが、内容を持つ意識です。

要は、文章で表現できる意識です。

文章にして、その文章が正しいか間違っているか、真偽を考えるような意識です。

 

例えば、「自分は今すごく悲しい」と考えるときって、言葉で文章を作って、文章で表現することができますよね。

「〇〇は〇〇である」と文章で表現できるってことは、内容を持つということです。

 

「あの人、腹が立つな」とか「あの人は素敵な人だ」と言うとき、言葉によって文章を作ることができます。

文章で表現できる=内容を持っている。

これが、内容を持つ意識だ。と分けるのです。

 

内容を持たない意識

これに対し、言葉で表現しない意識、という見方をするのが、内容を持たない意識です。

 

例えば、何も考えず、目の前のコップを見ているとき、ただぼーっとしてるだけなんだけれども、意識はある、という場合です。

「目の前にコップ」があるとは考えていなくて、ただボーッとコップを見つめていて、コップの像が目に飛び込んできてるような場合です。

 

「目の前にコップがある」と言葉で表現することもしなくて、ただ目の前にコップが見えていて、コップの知覚がある。

そんなとき、それは内容を持たない意識だ、というわけです。

 

何も言葉に表現してみなくても、何かを見たり聞いたりしているような、そういう内容を持たない意識です。

 

哲学者の永井均さんは、1つめの、内容を持つ意識のことを、1次的な意識と言います。

永井さんは、2つめの、内容を持たない意識のことを、0次的な意識と呼んでいます。

 

内容を持たない意識=知覚なのか

 内容を持たない意識って、要は何かを見たり聞いたりするという、知覚と同じものなのか、という疑問が生じますね。

謎です。