田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

看護師の給料安すぎ?

看護師 給料安い

前から思ってたんだけど、看護師の給料って意外と安いと思う。

年収500万いかない人が意外と多いのだ。

 

私のイメージでは、看護師は平均年収が500万くらいで、給料高いと思っていたんだが、必ずしもそうでもないらしい。

 

実際、私の知り合いの看護師も給料が安い、仕事に対して割と合わないとぼやいている人がいた。

その逆で今の収入に満足している看護師もいるので、これは職場によっても変わってくるのだろう。

 

とはいえ、バイトでも時給が高いので、やはりその意味では看護師は給料高いほうだと思う。

仕事内容に比例した賃金になっているとは思う。

 

特に東京とか都市部の看護師はやはり給料が高い。

田舎の病院に行くほど、お金がないのか給料も下がる。

 

基本的に看護師は、仕事内容は人の命にかかわるので、プレッシャーがストレスが非常に多い。

また、夜勤も多い。

患者さんの世話もしないといけないし、衛生面でも大変。

覚える知識も膨大で、日々勉強していかないといけない。

 

その大変さに比べると、給料が思ったほど高くないというのはあるかもしれない。

しかし、病院の収入は保険料から出るものが多く、患者さんが全額出さないので、思ったほど儲からないというのがある。

医療代金を吊り上げるわけにもいかないので、もともと医療サービスに対する適切な価格になっていないのかもしれない。

つまりもともと医療サービスは割安で提供されているからこそ、看護師の給料も仕事にたいして安くなるのではないかと。

 

医療サービスのビジネス構造的に、看護師の給料は仕事にたいして安くならざるをえないのかもしれない。