田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

両想いは難しい

両想い うまくいかない

恋は、相手の魅力によって恋がれる感情であるが、それは片思いのときに生まれやすい。

両想いは難しいと私は思っている。

 

なぜなら、相手に恋すると、相手に依存しがちになり、自分の魅力を相手に提供できなくなることが多いからだ。

 

例えば、好きな人ができて、その人が好きすぎて相手に甘えたり、振り向いてもらえるように自分をアピールしているだけでは、相手に何も価値を提供できていない。

相手に依存していて、相手によりかかってるような状態なので、相手はうんざりする。

場合によっては嫌われたり、フラれたりする。

 

逆に、自分がたいして好きでなく、意識してない異性からは、なぜか不思議とモテる経験がある人は多いだろう。

これは、自分が相手に恋していないため、相手に依存することがないからだ。

相手に依存してなく、かつ、相手に何か価値や魅力を提供しているから、モテやすいのだ。

 

両想いを成立させるには、相手を好きなんだけど、相手に依存せず、自分も相手に価値を提供できるという、バランス感覚が必要になる。

相手も同じである。

 

互いに依存しあわず、もたれかからず、相手に価値を提供しあう関係が、両想いを生み、関係を長続きさせてくれる。

 

キーワードは、依存と、価値の提供である。

依存すると、両想いは続きにくい。

価値の提供を互いにすると、関係が持続しやすい。