田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

モテたいなら恋をしないほうが有利である理由

好きにならなければモテる

モテる人は、相手に恋しないし、相手を好きになりすぎない傾向があると私は考えている。

なぜなら、相手を好きになって相手に自分が恋をしてしまうと、相手に執着し依存してしまい、相手に自分の価値や魅力を提供することが難しくなるから。

 

相手によりかかってしまうことによって、相手から「重い」「メンドクサイ」と思われ、モテなくなりやすい。

相手からもらうことばかり求めて自分は何も価値を与えないのだから、嫌われやすい。

「クレクレ君」になってはモテない。

相手に執着せず価値を提供できる人がモテる。

 

「好きになったら負け」という言葉があるが、これは真理だ。

相手に恋することと、相手が自分に恋することは、シーソーの関係である。

片方の人が過剰に相手を好きになって、相手によりかかって依存すると、もう1人のほうは負担を感じるし、相手から何の価値や魅力ももらえないから、価値の交換ができなくなる。

結果、両想いが成立しなくなる。

 

よく「恋をしたい~!」と言っている人ほどモテないのは、自分が相手に恋することばかり意識をしているからかもしれない。

自分が相手に恋をして、相手を好きになればなるほど、モテにくくなる。

自分を相手に好きになってもらいにくくなるのだ。

 

それゆえ、まずどちらを優先するか決めたほうがいいかもしれない。

自分が恋をしたいのか、それとも、モテたいのか?

 

モテることは、自分が好きな人にモテることを意味しない。

自分はあまり好きではない人だけど、相手から好かれる、そういう状態だ。

 

他方、恋をするとは、自分が相手を好きになるということであり、自分が相手からモテることではない。

 

恋をすることと、モテることの違いを曖昧にしていると、失敗しやすいと思う。

 

とにかくモテたいなら、相手を過剰に好きにならず、ある程度冷静なほうが成功しやすい。

なぜなら、冷静なほうが、相手の人が喜ぶ自分の価値や魅力を、相手に与えることができるからだ。

 

依存せず、相手が欲する価値を提供することが、モテるための必要条件である。

自分が相手に恋するだけなら、別に相手に依存しててもいいし、相手に価値を提供しなくても、恋はできる。

 

自分が相手に恋をすることと、相手から恋されること=モテることは、別モノであり、両立が難しいのだ。