田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

大学のお金が足りないのは2つの方法で解決できる

大学 お金足りない

大学の授業料が足りない払えないという悩みはまったく問題ない。

2つの解決方法がある。

1つめは、学費免除の申請をして、授業料をタダにしてもらうこと。

2つめに、奨学金を使うことだ。

 

特に学費免除は簡単なので、使わないのは損である。みんなバンバン申請している。

 

授業免除はみんな使ってる

授業料の免除申請は、みんな普通に使っている。

たいして家が貧乏じゃなくても、とりあえず出しておけば、だいたい通って免除される。

 

授業の成績が悪くなければ、授業料は免除されるのだ。

これを使えば、4年間授業料を払わずに大学に通うことができる。

 

だから、大学に行くお金がないとか授業料が高いからというのは、実は間違いである。

今の日本の大学は、どこの大学も授業料をタダにしてもらえる。

これはかなりすごいことで、使わないのは損である。

 

奨学金を使う

奨学金を使えば余裕で大学に通うことができる。

 

基本的に、奨学金は利子がつかない。よって、もらった分の金額だけ、後からゆっくりと返していけばいい。

実際は、奨学金を返済しない人が多く、未納問題が騒がれている。

要するに、それくらいゆるいということだ。

 

ちなみに、返済しなくていいタイプの奨学金もいくつかあるので、それを使えれば一番よい。

毎年募集しているので、応募してみるといい。

あと医学部とかは奨学金を返済しなくてよくなることがある。

 

この2つの方法を使えば、大学の学費が払えなくても全然大丈夫である。

余裕で大学に行くことができる。

 

学費免除なんて誰でもできるから、真面目に授業受けとけばだいたい免除される。

大学の授業料はタダにできるのだ。

 

奨学金を使うにしても、就職してからゆっくりと返していけばいいので全然余裕である。