読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中たかあきブログ

当たり前のことや基本をしっかりやることを大切にしてます。

会社の設立の仕方~簡単7ステップ~

会社 設立

会社の設立は意外と簡単にできる。

以下が会社を設立する手続きの全体像だ。

 

やること1:会社設立の手続き代行会社を探す

役所に会社設立の手続き書類を提出しないといけないが、自分で登記などの書類手続きを全てやるのは非常に面倒だし非効率だ。

だから、設立代行サービスを使うのが1番簡単だ。

手続きを代行してくれるサービスは腐るほどある。

 

設立の代行費用はだいたい17万~25万円くらいあればできる。

「会社 設立 代行」などでグーグルで検索すれば、いくつか出てくる。

f:id:puell:20161222144915j:plain

 

やること2:オフィスを確保する

会社の住所を確保する必要がある。

オフィスを借りてもいいし、バーチャルオフィスを借りてもいい。

バーチャルオフィスは月額1000円とかで借りることが可能。

 

シェアオフィスという、オフィスを複数の会社で共有できるタイプのオフィスなら、月額2万とか3万で借りれる。

 

もしくは、自宅をオフィスにして、会社の住所として使うこともできる。

そのさい、賃貸の人は、その物件が事業利用OKかどうか確認しなければならない。

オフィス利用が禁止されている物件が多いからだ。

 

 

また、市区町村がビジネス支援センターなどを運営しているから、そのシェアオフィスを借りることもできる。

それだと月額1万円とかで借りることができる。

f:id:puell:20161222144927j:plain

 

やること3:会社用の電話番号を確保する

あなたの会社の電話番号をゲットしよう。

固定電話番号を用意する以外にも選択肢がある。

 

例えば、フリーダイヤルにしてもいいし、050という番号からはじまるIP電話にしてもいい。

IP電話は使用料が安い。

 

 

やること4:実印をつくり印鑑登録する

会社の登記をするには、代表者の実印が必要。

ハンコ屋とかで実印を作ってもらう。

 

そのあと、役所に行って印鑑登録しておこう。

印鑑登録証明書も必要になるから、印鑑登録証明書ももらっておくといい。

 

やること5:会社の名前を決める

あなたの会社の名前を決めよう。

名前のつけ方は2種類ある。

 

前株と後株だ。

 

「株式会社○○」にするか、「〇〇株式会社」にするかだ。

 

会社名はカタカナでもいいしアルファベットでもいい。

 

やること6:資本金を用意する

今は会社設立のハードルが非常に低いので、資本金は1円以上あれば設立できる。

なので、資本金は100万円でも1000万円でもいいし、30万円でもいいし、10万円でもいい。

 

やること7:書類に必要なことを書く

設立の代行会社から、あなたが記入すべき書類が送られてくる。

その書類に、代表者の氏名や住所、資本金の金額や、事業内容、役員の給与の金額を書く必要がある。

 

また、あなたの実印を押していく。

 

書類に必要なことを書いたら、代行会社に書類を送り返す。

そのさい、印鑑登録証明書や本人確認書類も一緒に送る。

あとは代行会社が設立手続きをしてくれる。

 

その後、会社の謄本などが、代行会社から送られてくる。

会社の印鑑も代行会社が一緒に作ってくれる場合が多い。

 

以上7つのステップで会社の設立が完了する。

自分で全部手続きをやろうとすると、必要な書類の用紙を集めたり、提出したりで大変だが、代行サービスを使えば本当に簡単に会社をつくることができる。

 

オフィスを確保することはちょっと面倒ではあるが、登記するだけならバーチャルオフィスで安く手軽に確保することが可能だから、難しく考えなくてもいい。

参考にしてもらえればうれしい。

わからないことや質問があればお気軽にコメントをどうぞ。