読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中たかあきブログ

当たり前のことや基本をしっかりやることを大切にしてます。

シェアハウスのメリット3つとデメリット2つについて

私はいろいろなシェアハウスに6年くらい住んできました。

そのうえで、シェアハウスのメリットとデメリットを書きます。

 

シェアハウスのメリット

 

メリット1:所有するものを減らせる

シェアハウスの最大のメリットが、自分が所有するものを減らせることです。

例えば、冷蔵庫や洗濯機、ベッドや机、オーブンレンジ、トースター、炊飯器や調理器具や食器などは、たいてい全てそろっています。

ミキサーやパン焼き機などもあります。

トイレットペーパーもある。

 

だから、自分の持ち物は限りなく少なくていい。

服とかパソコンとか最低限のものがあれば暮らしていけます。

つまり、身軽な生活をできます。

ゼロ・マージナルコストに少し近いです。

 

それゆえ、持たない生活というか、身軽な生活がしたい人にとっては便利です。

私はミニマリストではありませんが、それに近い状態になります。

だから、引っ越しもしやすい。

 

なので、実はシェアハウスとミニマリストは相性がよいのです。

所有しないという風潮に合っている。

 

また、光熱費やインターネットの契約も、自分でやらなくていいので楽です。

責任が少ないというか、気楽なんですよ。

 

メリット2:キッチンやリビングが広い

シェアハウスの大きなメリットの1つが、キッチンとリビングの広さ。

一人暮らしの物件はたいていキッチンが狭い。

コンロが1口だったり、まな板おけなかったり。

 

しかし、シェアハウスにキッチンはたいてい広いので、おもいっきり自炊できます。

料理好きの人や、自炊をしっかりしたい人にとっては特に有益です。

 

私の場合も、自炊のためキッチンが広いかどうかを重視しているので、シェアハウスは都合がいいです。

f:id:puell:20161220220333j:plain

 

メリット3:掃除やゴミ捨ての負担が減る

掃除やゴミ捨ての負担が減ります。

なぜなら、全員で分担すれば負担が減るし、業者さんがやってくれるシェアハウスもあるからです。

 

例えば、正直ゴミ捨ては誰かがやってくれるので、いつも自分で捨てる必要はありません。

風呂やトイレの掃除も、全て自分でやらなくてもいい。

 

誰もやらないからどんどん汚くなる、という可能性もありますが、たいていは結局誰かがやります。

 

次はデメリットについてです。

シェアハウスのデメリット

 

デメリット1:あいさつと会話が面倒

ぶっちゃけますと、毎日何人、何十人の人と顔を合わせて挨拶するのは超面倒です。

あくまで私の場合であり、私のコミュニケーション能力が低いことが前提ではありますが。

 

例えば、毎朝毎朝おはようと言うのは疲れるし、キッチンやリビングで顔をあわせるのも気まずくなってきます。

 

かといって、あいさつしないのもなんか気まずい。

がんじがらめです。

 

会話も面倒になってきます。

もちろん会話すると楽しいですけど、そもそもそんな話すことなんてないので。

料理しているものについて話したりテレビを見ながら話すのは楽しいですが、だんだん話すことも減ります。

 

さらに、相手も同じく気まずい思いをしていると思うと、申し訳なくなります。

なので、せめて愛想よくふるまうように気をつけています。

 

実際、シェアハウスに住んでいる人の中で、だんだんキッチンやリビングに来なくなり、自分の部屋にひきこもりがちになる人はたくさんいます。

ご飯も自分の部屋で食べる人もたくさんいます。

 

みんな、気疲れしてるんだなあ、としみじみと思います。

 

 デメリット2:些細なことでもめる

些細なこと、ちょっとしたことでこそ揉めます。

例えば、炊飯器のフタを洗っていなくて汚かったとか、洗った皿をふかずに片づけないで出しっぱなしにしているとか。

 

食事したあとの机の上や、まな板を使ったあとのキッチンが汚いとか。

 

人って、家事などのちょっとしたことで揉めるんだなあ、としみじみと思います。

 要は、ちょっとした価値観の違いなんです。

価値観の違いだから、どうしようもない。

 

どちらが間違ってるわけでもないのです。

価値観が違うんだから、本当は、人は適度に離れて暮らすほうがいいのです。

 

最近のアンチグローバリズムや保護主義の高まりを見て思います。

価値観の違うものどうしが一緒に暮らすと必ずトラブルになります。

だから、適度に離れているのがベストなんです。

 

ちなみに、自分が気をつけていること

シェアハウスに住むときに、私が1番気をつけていることは、自分の価値観を押し付けないことです。

これは非常に気をつけています。

 

昔の私は、自分の価値観を人に押し付ける嫌なやつだったので、その反省があります。

価値観は人それぞれ。

当たり前のことですが、つい忘れてしまうので、今でも常に意識しています。

 

自分の考えや、言うべきことは言いますが、それはあくまで自分の見方、価値観であり、相手にも相手の見方や価値観があるのだ、ということ。

なのに、自分の価値観を人に押し付けるから、ゴタゴタする。

 

自分の価値感を押し付けず、相手の価値観をできるだけ理解しようと努力することは、人間関係の基本だと最近やっとわかってきました。

もちろん、「価値観を押しつけない」という考えも、1つの価値観ではありますが。。。

話がややこしくなるので今はそこまで考えません。

 

話を戻しますと、シェアハウスに住むメリットとデメリットには、以上のものがあるなと私は考えています。

 

基本的にはシェアハウスは楽しいです。

そして、所有するものを減らした身軽な生活をしたい人にもおススメです。