田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

アイドルや2次元キャラが不倫を防止する理由

不倫をすれば「きもい」とか「最低」などと罵倒され足蹴にされ、社会的に叩かれる風潮がある。

でも、結婚しても恋愛をしたい。

そんな悩みを解決してくれるありがたい存在がある。

それは、アイドルや芸能人、アニメなどの2次元キャラである。

 

f:id:puell:20170113194052j:plain

 

芸能人や2次元キャラは、不倫を抑止する働きを持っているので、社会にとって非常に有益なものである。

なぜなら、アイドルやテレビタレントや、2次元のキャラクターとは、実際に恋愛関係を成就することが非常に困難だからだ。

 

それゆえ、もし人が、アイドルやテレビタレントや、アニメや漫画のキャラクターを大好きになって、1番の恋愛対象になれば、人が不倫をする確率は低くなる。

 

通常は、恋愛の対象が身近な生身の3次元の人間であるがゆえに、結婚していても不倫関係をもってしまう。

問題は、恋愛の対象が、実際に恋愛関係に発展可能な存在であるということだ。

 

だから、実際に恋愛関係に発展できない人物に夢中になれば、世の中の不倫は減るのである。

タレントやアニメや漫画の人物に夢中になれば、不倫は減り、夫婦が喧嘩になったり離婚裁判で揉めることもない。

 

例えば、夫がアイドルに熱を上げたとしても、実際に彼がそのアイドルと恋愛関係になる可能性はほぼゼロである。

だから、不倫によって妻と喧嘩になる可能背はほぼゼロ。

せいぜい、アイドルに熱中していることに対して引かれたり呆れ顔をされるだけだ。

なんの実害もない。

 

要は、妄想とかファンタジーの領域である。

だから、実際に不倫関係になることはない。

 

したがって、アイドルやテレビタレントや、2次元キャラクターに夢中になることは、既婚者が不倫するのを抑止する。

 

同時に、結婚しても自由に恋愛することを可能にするのだ。

なぜなら、どんなに相手のことを好きになって夢中になろうとも、恋愛成就できない人物だから。

 

既婚者だからといって、恋愛感情を無くす必要はない。

いくらでも恋愛はできるのだ、しかも不倫せずに。

 

なので、アイドルやテレビタレントや、アニメや漫画のキャラは、社会にとって非常に大きな付加価値を提供している可能性がある。

これらが発展することは、世の中からますます不倫を抑止する可能性を秘めている。