田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

ネットの強みは匿名性だ

ネットのメリットは匿名性であること

インターネットの最大のメリットは、匿名でコミュニケーションできることです。

例えば、2chやガールズちゃんねるなどの匿名掲示板は、素晴らしい発明品です。

また、ツイッターは、もはや無くなっては困る貴重なメディアです。

 

例えば、仕事や政治に関する意見、結婚や子育てや人間関係に関すること、商品やサービスの口コミ、健康などについて、本音の意見を言うことができます。

 

匿名だから、気軽に自由に、本音を話すことができます。

逆に、フェイスブックなどの実名のSNSでは、本音の意見を言いにくいです。

 

実名で意見を言うと、批判されたときのリスクが大きいですから、人は自由に発言しにくくなり、本音を言えません。

 

でも、ネットやウェブサービスが進化し、2ちゃんねるが登場したことにより、匿名で好き勝手な子とを、リスクなく発言できるようになりました。

 

今までは、日本中の人々が匿名で話すことはできませんでしたが、ネットのおかげでそれが可能になりました。

 

その結果、質のよい情報を得ることができるようになりました。

リアルの世界ではなかなか伝えにくい情報を、気軽に手にすることができるのです。

 

この恩恵は計り知れません。

 

だから、2ちゃんねるやガールズちゃんねるやツイッターは、本当に偉大な発明だと思います。

テレビとネットの最大の違いは、匿名で不特定多数の人たちと会話できるかどうかです。

 

匿名性、不特定多数であること、これらはデメリットもありますが、最大の強みでもあるのです。

 

フェイスブックを見ればわかるように、実名では、見栄をはって本当の情報は伝わりにくいです。

ツイッターのような匿名のメディアだからこそ、真実の情報を得ることができる場合もあるのです。

 

宮台真司さんが、2chなどの匿名掲示板は欧米では人気がないことを引き合いにだし、2chなどを馬鹿にしていました。

でも、匿名掲示板や匿名SNSは本当に便利なものです。

無くなったらそうとう困ることは間違いありません。