田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

「童貞は〇〇な女性が好き」とか言う見下し(笑)

童貞が好きな女性のタイプ

前に荒川きょうけいのラジオで宮台真司さんが、「童貞は巨乳で童顔を好む傾向があるが、童貞じゃなくなると、そういう趣味は消えるんですね」と言っていた。

童貞を馬鹿にした内容で、童貞はこういう気持ち悪い好みを持ってるけど、童貞じゃなくなるとまともな好みになる、という論調であった。

 

こういう、「童貞は〇〇な女が好き」と見下す人はけっこういる。

 

だが、こういう主張は、「辛いものを食べられるやつのほうが偉い」とか「苦いもの食べられるほうが偉い」とか「メンドクサイことをするやつのほうが偉い」という言説と同じである。

 

ハードモードのほうがイージーモードより上、という論説なのだ。

だから、こういう主張を受け入れる必要などない。

 

わざわざ変な女性を選んで「ハードモードな女を選んでる自分かっけー」って思い込んでるだけだ。

 

普通に考えれば、変な女性をわざわざ選んでも苦労するだけだ。

そんな力比べしたって得はない。

 

だから、巨乳で童顔が好きならそれでいいし、普通の女性を選べばそれでいいのだ。

ジェンダーとかを振りかざして面倒くさいこと言う女性をわざわざ選んでも大変なだけ。

 

イージーモードな女性を選んだほうが結局は得だよ。

 

「童貞はこういうタイプの女性が好きなのか。じゃあそう思われないように、そうじゃない女性を好きになろう」

このように、他人のことを気にしてハードモードを選ぶと、後々苦労する。

普通でいい。

自分が好きな女性を選べばいい。偏見に満ちた言説に惑わされて自分を失ってはならない。