田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

恋人に飽きるのは自然現象

彼氏 飽きられる

彼氏や彼女に飽きられたくないと思うなら、できるだけ会わないことです。

 

彼氏や彼女に飽きるのは、必然的なものであり、自然現象です。

決して避けることができない、生物として当たり前のことなんです。

結婚して夫婦になっても毎日会えば飽きます。

 

例えば、あなたが大好きな食べ物は何でしょうか?

ステーキだったりから揚げ、ラーメン、ケーキ、チョコレート、ハンバーグ、カレー、かつ丼、刺し身、いろいろあるでしょう。

 

では、あなたはそれを毎日食べることができますか?

朝食、昼食、おやつ、夕食、3食ともその食べ物だけを食べ続けることができるでしょうか?

365日、3食とも、その食べ物をずーっと食べ続けることができるでしょうか。

 

無理ですよね。確実に飽きます、嫌になります。見るのもウンザリします。

それが正常な反応。

なぜなら興奮の原因であるドーバミン物質が出にくくなるから。

 

どんな好きなものだって、いつもいつもあれば飽きる。

恋人だって同じです。

どんなに大好きな人だって、24時間365日一緒にいれば飽きます。

むしろ嫌いになります。必ずです。

 

では、どうすれば恋人に飽きないか?彼氏彼女に飽きられないか。

それは、時間を空けること。

会わない期間を作ることです。

 

大好きな食べ物だって、たまに食べるからおいしいですよね。

例えば3日に1度食べるとか、1週間に1度食べるとか。

 

恋人や夫婦もそうです。できるだけ会わないことによって、お互いに対する好意が持続するんです。

 

メジャーリーガーのイチロー選手は、高校のとき野球部の寮の食事で、先輩たちが残した納豆をいつも食べさせらていたそうです。

納豆は好きだったイチロー選手ですが、毎日先輩たちのぶんまで納豆を食べていたら、嫌いになってしまったそうです。

 

いつもいつも接触すれば、どんなものだって飽きてしまう。嫌いにさえなってしまう可能性があるんです。

 

それゆえ、恋人に飽きられない、嫌われないでずっと自分を好きでいてもらうためには、適度に離れていることが必須です。

適度な距離感、適度に会わない時間をつくることが必要です。