田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

いじめが辛いときの解決法

いじめ 辛い

いじめがひどくて鬱なとき、いじめで死にたいときの、よい解決法がある。

逃げるんだ。

積極的に逃げるんだ。嫌なことからは全力で逃げる。これができれば人生ある程度うまくいく。

 

自分の目の前に車が全力で走ってきたら、横にすっとよければ風しかこないんだよ。

5メートルくらい離れていれば「最近の車はかっこいい」などという無駄話だってできるくらい余裕なんだ。

 

それなのに、ガーンと受け止めちゃうから大事故になる。

よく「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」と言う人がいて、逃げることは悪いことだと思わされてる。

 

でも、「逃げるな」って言ってるあなたの親とか先生とか大人は、今までの人生で逃げまくってきたんだ。

本人たちは逃げまくりの人生だったくせに、子どもたちには逃げるなって言う。

 

だから、思いっきり逃げよう。

この人生は逃げるが勝ちだ。

ウサギがライオンに出会ったら、逃げなきゃ死ぬんだよ。

逃げちゃいけない、立ち向かわないとって言って戦ったって、ライオウンからすればエサが来たとした思わないよ。

 

いじめにあってるなら、いじめる奴から全力で逃げる。合わないようにする。

または無視する。相手にしない。

あるいは暴力で応戦したっていいし、他の人にチクればいい。

ムカつくなら殴ればいい。相手に気に入られる必要なんてないわけだからね。

 

いじめてる人間と仲良くなったって、あなたには何の実益もない。

いじめてる人間に好かれても、メリットなどない。

どうでもいい人間に好かれる必要もないし、そいつに意識を集中するのも、あなたにとって無駄な時間だ。

 

あなたの人生にとって彼らなんてどうでもいいんだ。

 

 いじめてる奴のことで悩んでも、あなたの人生に利益はない。

あなたの得になることだけに集中すればいい。

 

 

そんなちっぽけな世界の人間関係のせいで、あなたが悩むのは損だ。

あなたの実益はまったくない。

他人など気にしなくていいわけだ。というか気にしないほうがあなたの得だ。

 いじめる相手なんてどうでもいい存在だ。

あなたの実益になることだけに集中すればいい。

 

それから最後に、声を大きくすると、相手からなめられなくなるよ。

ぼそぼそぼそってしゃべる人はいじめられやすい。

あと姿勢も伸ばしたほうが強く見える。

背筋のばして姿勢よくして、声を大きく出す。

 

声ってすごく大事だ。いじめられてる人ってだいたい声が小さい。

だから、声を大きくするっていうのはかなり使えるノウハウである。