田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

若いときは賃貸、50代くらいから持ち家が最強な理由

早すぎず、遅すぎないこと、初動であること、これが家を買ううえで重要だと思う。

老人になると賃貸物件を借りにくくなるから、50代以降で持ち家を買い、それまでは賃貸に住むのが私にとっては最強だ。

それまでは賃貸物件に住むことで、家のメンテナンス、修繕費、維持コスト、近所づきあいの面倒さを回避することができる。

 

つまり、賃貸と持ち家の両方のメリットをいいとこどりすればいいわけだ。

 

持ち家は、何があっても家があるという圧倒的な安心感があるが、早すぎる購入は維持コストと人間関係でデメリットもある。マンションなら築年数が古くなるにつれ修繕費用が高くなるリスクもある。

一方、賃貸は維持コストが低く、近所付きあいも少ないので気楽、身軽というメリットをもつが、年とったときに貸してもらえないというデメリットがある。

 

ならば、年とってきた段階で家を買い、それまでは賃貸でクラスのが、両者のメリットを最も引き出す方法だと思う。

 

 いつ家を買うべきか?

早すぎず、遅すぎないタイミング。つまり初動だ。

50代とか60代とか40代くらいになったら自宅を購入するとちょうどいい。

 

ここで一度、賃貸と持ち家のメリットとデメリットを整理しておこう。

 

・賃貸のメリット

メンテナンスや修繕費、維持コストが少ない、町内会や祭りなど近所の面倒な人間関係がない、いつでも引っ越せる身軽さと機動性、気楽

 

・賃貸のデメリット

年取ると貸してもらえなくなる、不安定な感じ

 

・持ち家のメリット

何があってもホームレスにはならないという圧倒的な安心感、家賃を払わなくてもいいという気楽さ、家を持っているという信用など

 

・持ち家のデメリット

10年ごとの家の修繕費用、メンテナンス、維持コスト、固定資産税、町内会など近所の人間との付き合いのめんどくささ

 

これを、若いときは賃貸物件に住み、人生の後半から持ち家に住めば、次のようなメリットを得られる。

 

・若いとき賃貸、年とってから持ち家に住むメリット

維持コストや修繕コストを減らせる、面倒な人間関係を減らせる、急な転勤などに対応可能、老後にホームレスになる危険はない、老後はゆったり安心に暮らせる。

 

そんなわけで、賃貸物件の、維持コストの少なさと人間関係の気楽さ、身軽さというメリットと、持ち家の安心感というメリットを、どちらもいいとこどりするなら、若いときは賃貸、年をとったら持ち家を買うのが、最も合理的である。

 

持ち家でもいいしマンションでもいい。50代くらいから購入すれば、マンションの修繕積立費用も先々そんなに上がりにくい。

 

早すぎてもいけない。遅すぎてもいけない。

この絶妙なタイミングだ。