読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田中たかあきブログ

ノージャンルのブログです

高齢者優先ではなく若者優先が国の繁栄

高齢者優先 若者優先

お年寄りに感謝の気持ちを忘れたことはない。

しかし、国の繁栄のためには、年寄り優先ではなく若者優先でなければならない。

 

いや、国に限らず、生物の繁栄のためには、若いものが優遇されなければならない。

なぜなら、生産性が高いのは若者だから。

 

西洋だと、こんな話がある。

助ける人の順番は、まず子ども、次に女性、次に男性、最後に高齢者だ。

 

例えば古代ギリシャでは、高齢者は若者に席を譲った。

なぜなら、戦場で戦って国を守るのは若者だからだ。

 

生き物の繁栄にとって最も重要なのは子どもだ。

そして女性と男性がその次であり、高齢者の優先度は最も低い。

この順番の優先度にすることで、世代から世代へのバトンが適切につながっていく。

 

次の世代のために貢献する。

それが、生物の繁栄にとって不可欠である。

 

シルバーシートとか高齢者へのサービスもいいが、生物の生存にとってはあまり意味がない。

 

逆に言うと、今の世代は前の世代の恩恵をこうむっている。

例えば、第一次世界大戦や第二次世界大戦を先人たちが命をかけて戦ってくれたおかげで、今の日本がある。

先人たちにたいして私は感謝の念と尊敬の念を強く持つ。

自分には何ができるだろうか。

 

とにかく、繁栄のためには最優先されるべきは子ども。

高齢者の医療費などよりも、子どものための社会保障が、社会の利益になる。