田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

結婚相手の選び方のコツ

結婚相手 選び方

私が考える、夫や妻の選び方で大事なポイントは、3つある。

1つめ、相手の欲望を尊重できるかどうか。

2つめ、相手と共有できる欲望、目的があるか

3つめ、絶対に自分が我慢できないほど嫌いな部分を相手が持っていないか

 

1.相手の欲望を尊重できるか

1つめに大事なのが、夫や妻が大事だと思う目標とか欲望を、自分が許せるかどうかだ。

例えば、仕事で成功したいという欲望を夫が持つ場合、それを尊重できるかどうか。

決して理解する必要はない、ただ、尊重してあげることができるかどうかが大事なんだ。

 

「自分は理解できない目標だけど、まあがんばってね」と相手を見守ることができることだ。

「何その目標?馬鹿じゃないの?まあよくわからんけどがんばりな」というスタンスであれば全然OK。

 

逆に、もし「はあ?そんな目標持たれたら迷惑なんだよ!そんな欲望持つのやめろ!」と思うなら、相手と対立しやすいので、そういう相手とは結婚しないほうがいい気がする。

 

2.相手と共有できる目標があるか

夫や妻と共有できる同じ目的があると、一致団結できるから、良好な関係を維持しやすいだろう。

 

例えば、子育てにたいして同じ目標を持つとか、安定した家庭を築くという同じ目標をもっていると、同じ方向に向かっているので関係性がよくなりやすい。

 

あるいは、いつまでもよいセックスをしたいという欲望でもいいし、気軽に笑えあえる夫婦でいたいという目標でもいい。

 

もし、2人で共有できる欲望や目的が何もなければ、2人の関係性がブレブレで、強力しにくくなるかもしれない。

 

国家と同じで、結婚のばあいも、何か共通の目標が必要なのだ。

相手の欲望と自分の欲望が同一化すること、それが愛を長続きさせる。

 

3.絶対に我慢できないところが相手にないか

「これだけは生理的に無理」とか「これだけは我慢ならねえ」という嫌なところが、結婚相手にないことが、よい結婚生活を送れる秘訣だと思う。

なぜなら、虫図が走るほど嫌いな部分があると、苦行僧のような生活を強いられるからだ。

 

例えば、相手の両親がクソ人間だったとか、モラハラ夫だとか、DV男だったとか。

これだけは勘弁という特徴が結婚相手にないか要チェック。

 

別に相手を好きでなくていい。逆だ。

どうしても許せない短所、大嫌いだ特徴が、結婚パートナーにないことが重要だ。

譲れない一線を越えなければいいのだ。

嫌いな部分がそんなにないなら、基本的にはなんとかなるはず。

少なくとも、一緒に暮らしていくことはできる。

 

というわけで、1.相手の欲望を許せること、2.共有できる目標があること、3.大嫌いな特徴を相手が持ってないこと。

この3つが、結婚相手を選ぶときに重要だと私は考えています。