田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

結婚に恋愛は必ずしも必要ない、取引でいい

恋愛結婚じゃなくていい

もし、好きな人と結婚しなければならない、という思い込みがあるのならば、それは1つの見方にすぎない。

 

なぜなら、もし、結婚の目的が、家庭や家族を作ることならば、自分の価値と相手の価値を交換する取引で十分だからだ。

結婚はビジネスでいい。互いにメリットを等価交換すれば、家庭は成立する。

別にお互い愛し合う必要もないし、好きでいなくてもいい。

 

男性が夫としての価値を家族に提供する。

女性が妻としての価値を家族に提供する。

そうすれば、家族を経営していくことができる。

助け合う契約を結び、困ったときに助け合えるビジネスパートナーだ。

 

ビジネスの商品と同じだ。市場でニーズがあるものを提供し、自分も市場で欲しいものを交換する。等価交換。

恋愛市場も同じ、相手を好きでなくても関係ない、価値を交換できさえすれば。

 

打算的な恋愛はコスパが高い

結婚して家族を作るという目的にたいして、打算的な恋愛をするのはコスパがいい。

相手の年収、性格、育ち、価値観、顔など、自分の目的にたいしてメリットがあるかないかを考えれば、明確に判断できる。

 

目的の達成において重要なのは、相手のスペックだから、別に相手を好きになる必要はない。

理性的に冷静に判断できる。

 

お見合い結婚はコスパが高い

 恋愛結婚の歴史は浅いし、もともとハードルが高い。

もっと効率がいい方法で結婚相手を探したほうが楽だしコスパがいい。

 

例えば、お見合い結婚なら、お互い相手を好きになる必要もないし、恋愛しなくていい。

家族を営むことが目的なら、お見合いはコストパフォーマンスが高い。

 

もし、恋愛→結婚というコースを無理やり行おうとすると、まず恋愛相手を探さないとスタート地点に立てなくなってしまう。

 

自然な出会いは限られているから、その限られた出会いのなかでさらに恋愛できる相手をさがし、さらにその中から結婚相手を探すのは、もともと難易度が高い。

 

目的をハッキリさせれば、別に相手を好きじゃなくていいことは明らかだ。

お互いに価値を提供しあい協力できればそれでいい。

 

嫌いではない人を選ぶという方法

あるいは、嫌いなところがあまりない人を探す、というのも、結婚相手を探しやすくなる。

好きな人を探すではなく、嫌いではない人を結婚相手に選ぶ。

 

たとえ好きではないとしても、嫌いなところがあまりなければ、結婚生活を耐えることができる。苦痛は減るはずだ。

プラス思考ではなく、マイナス思考で相手を探すのだ。

 

嫌いじゃなければいいので、恋愛感情など不要。

これなら探しやすいはず。

 

夫婦はビジネスパートナーとしてとらえてもいいわけで、それなら恋愛と違って難易度が下がる。

恋愛相手がいなくても、家庭を経営するビジネスパートナーを探せばいいのだ。