田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

恋愛と結婚は等価交換なので不断の努力が必要となる

恋愛と結婚 等価交換

恋愛は、自分と相手で価値を提供し合うので、等価交換の法則で支配されている。

例えば、美しさという価値、優しさや気づかいという価値、清潔感や礼儀正しさという価値、お金持ちという価値、性格が合う、など。

 

結婚も等価交換だ。

例えば、美人はお金持ちと結婚しやすいし、性格がよく家事をバリバリこなす女性は人気が高い。

 

もし、相手に価値を提供できるなくなれば、関係は成立しない。

一方が相手に依存していては、恋愛も結婚もうまくいかない可能性が高い。

なぜなら、価値を交換できていないから。

片方が相手から価値をひたすら奪っている状態だから。

 

例えば、付き合いだしたとたんに優しくなくなるとか、食事マナーが悪いとか、ひどいことを言うとか、セックスで相手のことを考えない下手くそとか、家事を手伝わないとか、太りだすとか、部屋を汚すとか。

 

なので、恋愛も結婚も、常に気を抜けない。

相手に自分が価値を提供できるかどうか気を配る必要があるのだ。

油断できない、毎日が勝負なのだ。

 

つまり、不断の努力が必要だ。一時的な努力ではなく、持続的な努力によって、相手に価値を与えることができる。

 

よく、永遠の愛を誓うなどというが、それは相手の出方次第であり、状況次第である。

相手が自分に価値を与えなくなれば、愛せるわけがないし、その人を嫌いになっても仕方ない。

 

もし等価交換の法則が崩れれば、結婚してる場合、離婚するわけにもいかないから、義務として一緒にいるという義務的な関係になる可能性がある。

愛の関係ではなく、義理的な関係だ。

 

永遠の愛を手に入れるためには、常に動き続ける必要があり、常に相手の欲望、ニーズに答えなければならない。サボれないのだ。

自分に都合のいい恋愛や結婚は少ない。

サボった瞬間に終わりなのである。