田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

神聖かまってちゃんで唯一好きな神曲

神聖かまってちゃん

神聖かまってちゃんというバンドは、私はあまり好きではない。

なぜならMVの中でリストカットのシーンが出てきたり、非リア充的な雰囲気が嫌いだから。

 

でも、神聖かまってちゃんの曲の中で最高にかっこよくて大好きな曲がある。

それが「ロックンロールは鳴りやまないっ」だ。この曲を聴くと心の振動数が上がる。

 

最初に聞いたのは2010年、大学生だったころにタワーレコードの店内で流れていたのがきっかけだ。

 

この曲は、CDのほうのバージョンより、オリジナルのほうがいい。

公式デビューする前のオリジナルのバージョンのほうがあって、そっちのバージョンのほうがとてつもなくかっこいい神曲なのである。

それがこれ↓

 

www.youtube.com

 

このミュージックビデオも超絶かっこいい。

多くのロックスターが出てきている。

過去の偉大な先人たちへの畏敬の念と憧れ、そして未来の聞き手たちへのメッセージがつまっている、非常に胸が熱くなる曲である。

 

始めてビートルズを聞いたとき、その魅力が全くわからない。よさが全くわからない。

しかし、しばらくしてもう一度聞いてみて気づく、その曲の魅力に。

やめられないほど魅力的な音楽だとわかる。

 

その曲が持つ意味は、すぐに理解されるものではない。

長い時間の迂回を経て、遠回りをして理解できることがある。

曲の真の魅力はすぐに理解されるとは限らない。それには時間の遠回りが必要なのだ。

 

「ソレ」は突然やってくる。

 

「ロックンロールは鳴り止まないっ」の歌詞は二重のメッセージがこめられている。

1つは、過去の偉人たちに向けた、自分たちの演奏。

2つめに、未来の聞き手たちに向けた、自分たちの演奏。

 

自分はビートルズの曲の意味を理解するのに時間がかかった、すぐにわからなかった。

でもある日突然気づく。

同じように、未来の人たちもすぐには自分たちの曲の意味はわからないかもしれない。

それでもギターを弾くんだ、自分たちは演奏するんだ、というメッセージ。

 

コミュニケーションは、たいていの場合理解の時間差があり、かみ合わないものなのだ。他者が語ったメッセージの意味は、後からわかるのだ。

 

あまり好きではないバンドなのだが、この曲だけは大好き。

初めてこの曲を聞いてから7年くらいたつが、いまだに鳥肌がたつ。

過去の偉人たちへの畏敬の念と挑戦に満ちた、素晴らしい曲だ。