田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

千葉大学で哲学を学んだ感想

千葉大学 哲学 

千葉大学の文学部の行動科学科に入ると、心理学とか哲学とか社会学とかいくつかのコースを選べるのだが、その中の哲学講座で学んだ感想です。私は3年次編入で途中から入りました(^^♪

 

ギリシャ哲学から近代哲学、現代哲学、東洋哲学(中国哲学)とバランスよく学べますね。

ただし、中世哲学は、前は山本先生が専門でいたんですけど、今はいないので、中世哲学専門の先生は今はいない状態です。

 

ギリシャ哲学を極める

ギリシャ哲学なら、和泉ちえ先生と高橋久一郎先生から学ぶことができます。

お二人ともよい先生で、授業も楽しいですよ。前は田島正樹先生もいました。

 

和泉ちえ先生はギリシャ哲学と科学史が専門です。

特にプラトンやアリストテレスについてわかりやすく教えてくれます。

私のときはプラトンの『国家』をゼミで読みました。これは非常に面白かったです。

先生が学生1人1人に質問を促し、それに答えていくことが結構ありました。

 

ゼミの途中でなぜか、ツイッターするやつはクソだみたいなこと言ってて、SNSは時間の無駄だとディスっていた記憶があります。そんなことないのになあ。ツイッターは超便利なのに。

 

フィロソフィア=哲学を定義したのがプラトンなので、哲学の大元を抑えることができます。

私は当時、プラトンのイデア論などを馬鹿にしていたのですが、今ようやく気づきました。

 

実は、プラトンの哲学は最強なのです。分析哲学とか言語哲学とか流行ってますけど、言語の根底には秩序とか規則とか法則があります。

そう、秩序によって言語も支えられているのです。

だから、秩序について考えているイデア論が最強なのです。

そんなプラトン哲学をじっくりと学ぶことができます。

 

ギリシャ哲学のガチ専門の人は千葉大では和泉先生だけです。ギリシャ後やラテン語など原文からしっかり勉強したいなら和泉先生一択。

ちょっと過激なことを言うのがアレですが、プラトンは哲学で最も重要な人物の一人ですから、基礎力というか地盤を固めることができます。

 

ちなみに和泉先生はプラトン大好きなので、プラトンをディスると痛い目を見るので注意が必要です笑

当時私はプラトンの重要性をよくわかってなくて、「善のイデアなんてないですよ」とクソ生意気な議論をふっかけてキレられた記憶があります笑

 

心の哲学、価値論、倫理学を学べる

 高橋久一郎先生は、ギリシャ哲学や現代哲学が専門です。特にアリストテレスや倫理学、価値論が得意なようです。あと心の哲学も。

 

私が受けた講義やゼミのときは、価値や心の問題、アリストテレスの話も出てくる現代哲学の論文などを勉強しましたね。

 

講義では、サンデルさんの本を教科書に倫理学説を順番に解説してました。ちょっと単調だったり聞きづらいところがあるなあと思いましたが内容は面白いですよ。

 

ゼミでは英語の論文を担当の人が日本語に訳していくというもの。

単調です、これは単調でした!扱っているテーマが面白いけど、ちょっと授業の仕方がつまらなかった。

 

でも、心の哲学、価値論、倫理学の3つを一緒に学べます。

実はこの3つの関係は非常に重要なんです~。心の哲学がわかれば倫理学もわかるし、価値論がわかれば倫理学もわかるのです~。

 

 親切でいい先生ですし、物知りな先生です。指導教官としても心強いと思います。

 ちなみに高橋先生は、あの塩谷賢さんもおススメしていた人です(^^♪

「いいと思う」って塩谷さんが言ってました笑

 

近代哲学も学べる

私のときは田島先生からほとんど学んで、あと非常勤の先生の授業も受けましたね。

今は秋葉先生と忽那先生がいらっしゃいます。が、ほとんど授業を受けたことないのでよくわかりません。

 

田島先生の近代哲学の授業ではカントやヘーゲル、スピノザ、ライプニッツなどいろいろな哲学を勉強したのですが、超面白かったです!

 

現代哲学を極める

現代哲学は、主に柏橋達也先生と田島正樹先生と山田圭一先生から学びました。

 

柏端先生は応用倫理学とか確率と期待値の話とか、非常におもしろい授業でした。

特に確率と期待値の授業は、一番役に立っていて、柏端先生の授業のおかげで今、株やFXで勝ちまくることができてます~。

 

田島先生のゼミではマクダウェルとかフレーゲとかダメットとか学びましたね~。

 

今は田島先生が退官して柏端先生が慶応に行ったので、現代哲学を学びたいなら、山田圭一先生と秋葉淳先生がいらっしゃいます。

山田先生はウィトゲンシュタインや規範論、知覚の哲学が専門です。

 

山田先生は非常にバランスのとれた考え方の人で、正統的というか、王道的な哲学を学べると思います。柔軟といいますかね。かなりまっとうな正しい哲学者、という感じ。

 

授業も面白い!そして熱心で丁寧!学生のことを非常によく考えて授業を作成していらっしゃいます。その点では山田先生が一番だなあと思っていました。

女子学生にも人気の先生です笑

 

特にウィトゲンシュタインを勉強したいなら山田先生は非常におススメです。

丁寧にわかりやすく説明してくれますし、みんなで議論するのも超楽しかった。

私のときはゼミで『哲学研究』(日本語訳のやつ)をみんなで読みました。

筑波大学から来てる学生もいましたねえ。

 

また、知覚の哲学に関しては日本で代表的な先生ですので、知覚の哲学に興味ある人は山田先生に教えを乞いましょう。

 

朝食昼食を食べずに山田先生の講義に出席したことがあって、お腹がグウグウと鳴りまくってウアアと恥ずかしくなったのはいい思い出。

 

秋葉先生は近代哲学や現代哲学が専門。

秋葉先生は存在論について本とか買いますが、存在論の専門ではないと本人が言っていました。若い先生で、学生に親切でいい先生です♪

 

中国哲学を極める

中国哲学など東洋哲学も学べるのが千葉大の哲学講座です!

専門の内山先生は、優しくて面白い先生です。

女子学生に人気の先生です。

中国哲学も超重要でとても面白いですよ~。

 

 哲学講座は毎年5月に歓迎会があってそこで仲良くなれます。

が、ゼミでは基本的に孤立してるというかバラバラでした。

その証拠に、中畑先生の集中講義のときに、慶応の女子学生が来ていて、「なんで千葉大の哲学の人は互いに関わろうとしたいのですか?」と聞かれたことがあります。

慶応ガールにそう言わしめるほどに、千葉大の哲学講座の学生たちがバラバラと座ってほとんど話さない状態だったのです・・・!

私はハハハ、なんででしょうねえと適当に答えておきました。

 

基本、哲学講座はゆるいです。

卒論もゆるいです。正直かなり楽ですよ、哲学講座は。でも面白いですよ。

そしてね、ずーっと自分の頭で考えてつきつめていくと、自分独自の考え方が生まれます。

 

実は、哲学講座で学べた一番大事なことは、自分の頭で考えるってことです。

「そんなの当たり前じゃん」って思うでしょうけど、この当たり前のことが意外とできない。自分で考えるのってメンドクサイから、つい「あの人がそう言うなら正しいんだろ」と決めつけて思考停止状態になりがちです。

 

本当にそうなんだろうか?前提は同じなのか?定義は何なのか?と一度疑って、自分の頭で考える習慣をつけることができた。これは本当にちょーう重要。

どの先生も、疑問を持つこと、自分の意見をもって反論することを大切に考えていました(一部例外もあったが)。

ちきりん女史も言ってますね、『自分の頭で考えよう』と。

 

本当に楽しい時間でしたねえ。

大学で哲学学びたいなら、千葉大の哲学講座はおススメですね。

千葉大にいる哲学の先生って昔は永井均先生とか柏端先生とか飯田隆先生とかいて、優秀な先生が多いイメージですねえ。