田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

レーシックは30歳以降にやるといい理由

レーシック いつやるべき

レーシック手術はいつやるのがベストなのか?何歳でやるとよいのか、タイミングがわからないという人が私の周りにもけっこういる。

 

知り合いの眼科の医者の先生に教えてもらったのだが、レーシックは30歳以上になったらやるといいらしい。

なぜなら、30歳以上になると視力がだいたい変わらずに決まってくるからだという。

 

レーシックを受けたあとに視力がさらに落ちると、いろいろと大変らしいのだ。

コンタクトをするにしても、眼の形が変わっているので使うのが大変らしい。

他にも、いろいろ面倒なことになるそうなのだ。

 

レーシックを受けたあとに視力が落ちるとそれに対処するために手間がかかって大変だから、ある程度視力が変わらなくなる30代以降が望ましいということだ。

 

あくまでその先生の意見なので、絶対とは決めつけられないが、専門家が言うことなのである程度信頼できると私は思っている。

 

私も視力が悪いので、レーシック手術を受けたいなあと思っているのだが、もうちょっと待ってからにしようかなと考えているところだ。

 

まあ別に20代でレーシック受けても、その後視力が悪くならないのなら大丈夫だと思うけど。

それに、レーシックしたあと視力落ちてもなんとかなるし、別にそれで生活ができないほど大損害が生じるわけでもないので、そこまで深刻に考える必要もないかもしれない。

 

あくまで、一番スムーズで合理的なのは30歳以降のレーシック手術かもしれないということだ。