田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

小池知事や安倍首相は偉大なリーダーだ

小池知事や安倍首相は素晴らしいリーダーだ

小池都知事や安倍首相の活躍を見ていると、リーダーとは本当に大変な仕事で、偉い存在だなとしみじみと思う。

なぜなら、責任を引き受けているからだ。

 

例えば安倍首相は、日本という国のトップとして、多大な責任を引き受けている。

何か間違ったことをすればみんなから一斉に批判されるし、間違ったことをしていなくても、野党やリベラルから理不尽な悪口や批判を言われる。

 

小池都知事も、豊洲市場と築地市場移転の問題でがんばって試行錯誤してくれている。

でも市場関係者からよく批判されたり罵倒されたり悪口を言われている。

小池さんはなんとか最善の状態にしようと行動しているのに、何かを文句を言いたがる連中から批判される。

 

リーダーは理不尽な悪口や批判にも耐えて、そのうえで責任も引き受けているのだから、本当に偉大な存在である。

 

特に小池知事へのバッシングを見ていると、結局何をやっても批判したい連中はいるのだと気づく。

自分たちは批判してばかりで、責任をもって決めないでいい立場なのをいいことに、小池さんに対してどのみち不平不満を言う人たち。

 

とりあえず安倍さんの批判をして喜んでいる人たち、とりあえず小池都知事にブーブー文句を言いたがる人たちは、責任のない立場から好き勝手に言うのだ。

 

責任を引き受けて試行錯誤しながら行動しているリーダーは本当にかっこいい。

批判するのは簡単だ。

責任をもって意思決定するのは本当に難しい。