田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

「ガンに抗がん剤はいらない」を妄信する危険

ガン 抗がん剤いらない

最近、ガンに抗がん剤はいらないだとか、99%の医者は抗がん剤を使いたがらないなどという話があるが、あまり信用しないほうがいい。

 

なぜなら、実証されたわけでもなく、根拠が非常にとぼしいからだ。

あるいは、間違った根拠や古いデータを使っている可能性があるからだ。

 

 

 古い知識をいつまでも大事にして、抗がん剤はいらないといった間違った考えを持ち続けている医者だっている可能性がある。

だから、医者が抗がん剤は使いたくないと言っていたとしても、それはその医者が最新の医学を勉強していないだけなのかもしれないのだ。

 

ガン治療はいらない、自然にまかせておけば治るなどという主張をしている本なども、根拠やデータがとぼしい。

単なる仮説にすぎないのだ。

 

 

ガンは、体のどの位置にあるのかなど、人それぞれ。

一概に、「ガンに抗がん剤はいらない」と言えるわけがないのだ。

そんなのは妄想、妄信だ。

 

実際は、ガンの種類や具体的な状況、患者の状態などのさまざまな前提条件によって、抗がん剤を使うべきかどうかも決まる。

それは、プロである医者が判断することである。

 

それを、素人がエセ医学の本をちょこっと読んで「抗がん剤は不要!」と決めつけることは、愚かとしかいいようがない。

 

それゆえ、こういった話を真に受けて、「そうか、抗がん剤は意味ないんだ!」とか「ガン治療は不要なんだ」などという妄想を妄信しないほうがいい。

後悔するのは自分である。自己責任である。

 

「ガンに抗がん剤はいらない」という説がこんなに話題になりもてはやされるのは、そういう意外なことを言ったほうが儲かるからだ。

本だって、当たり前のことを書いていても売れない。

意外なことや珍しい考えを語ったほうが儲かるのだ。

 

そういったマーケティング戦略も含まれていることを、見落としてならない。

ガン治療は不要とか、ガンに抗がん剤は必要ないといったデマで、大切な命を危険にさらすことにメリットはない。

 

一部のエセ医学や、一部の古い考えを持ち続ける医者だけの意見を聞いて、ガン治療や抗がん剤は不要などという妄想を妄信するのは、危険である。