田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

ジャガイモを食べると便秘になりにくい感じ

ジャガイモ 便秘改善

最近、夕食の主食をご飯やパンではなく、ジャガイモにしています。

ジャガイモを主食におかずを食べるという、ドイツ人やオランダ人みたいな生活をしているのですが、便通がとてもよくなったと感じています。

 

最近少し便秘がちだったのですが、ジャガイモを主食にするとかなり調子がいいです。

なぜかはわかりませんが、やはりジャガイモは食物繊維が多いからでしょうか。

ご飯やパンやパスタよりは、食物繊維も多いし、ビタミンなど栄養も多そうです。

なにせ、ジャガイモは野菜ですからね、一応。

穀物であると同時に野菜でもある、っていうのが、ジャガイモの面白いところです。

 

ジャガイモの食べ方は、私の場合、スープの中に切ったジャガイモをゴロゴロとぶち込んで煮るだけです。

味付けは醤油やみそです。

 

たまにちょっと煮るのが不十分で少し固いかなあというときもあるんですが、そういうときは余計に便通が良くなりますね。

やはり食物繊維が便秘に効くのでしょうか。

正直かなり驚いています。

 

でもジャガイモを日常の食事で主食にするデメリットが1つありましてね。

それは、皮をむくのが面倒だということです。

 

ピューラ―を使って皮をむけば割と楽です。

しかしそれでも、ジャガイモの形によっては、デコボコしてるのがあります。

そういう形の芋はピューラ―でスムーズに皮をむけませんから、皮が残ったところを包丁でグリグリとほじくってやる必要があります。

 

地味に時間かかるので面倒なんですよ、ジャガイモって。

せめて、デコボコしていない、表面が滑らかなジャガイモを選ぶべきですね。

 

でも主食をジャガイモにすると健康にも良さそうだし、私の場合、便秘がかなり改善したので、続けていきたいですね。