田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

プロとアマチュアの違いは時間感覚かもしれない

アマチュアは短期的、プロは長期的に考える

プロのアマチュアの違いの1つは、時間のとらえ方だと私は思うんです。

プロの人は、長期で物事を考える傾向があります。

アマチュアの人は、短期的な事柄を考える傾向があります。

 

例えば、甲子園などの高校野球では、トーナメント式で、短期的にいかに勝つかが重要です。

なので当然、長期的に勝てるかどうかよりも、目の前の試合に勝てるかどうかが大事になってきます。

1か月後、半年後も勝ち続けられるかよりも、直近の勝負に勝てるかどうか。

 

これに対して、プロ野球は、1年間、継続的に勝ち続ける必要があります。

1週間だけ勝ちまくるだけで、1年間でトータルで負けていては、優勝できません。

プロ野球では、1年間を通して、いかにトータルで勝つか、勝ち続けるかが重要です。

それゆえ、プロ野球は、長期的な視点で戦略を考えがちです。

 

このように、アマチュアは、今日とか今が勝負です。

プロは、今日だけでなく、明日も明後日も、ずっと勝ち続けなければならない。

 

株とかFXなどもそうですね。

プロは、勝ち続けることにこだわります。

トータルで勝てるかどうかを考えます。

例えばウォーレン・バフェットは超長期的に物事を捉えています。

 

長期的な視点でとらえるか、短期的な視点で捉えるか。

プロとアマチュアを分ける、1つの指標かもしれません。