田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

株式投資がプラスサムでもありゼロサムゲームでもある理由

株式投資はプラスサムゲームかゼロサムゲームか

株式投資は、配当金や優待割引などのインカムゲインを目的にするなら、プラスサムゲームです。

なぜなら、企業から配当をずっともらえて、誰も損しないわけですから、プラスサムなわけです。

 

他方、価格が安い株を買って、高い価格になったら誰かにその株を売る、という転売益(キャピタルゲイン)を目的にするなら、株はゼロサムゲームです。

 

なぜなら、株を安く買って高く売るということは、誰かが高い価格の株を買わねばならないからです。

高い価格で株を買った人は、もし株価が下がってしまうと損をします。

 

だから、転売益(キャピタルゲイン)を目的に行う株取引は、ゼロサムゲームなのです。

 

インカムゲインなら株はプラスサムゲーム

株は、企業がお金を集めるために出資してくれる人を募集し、代わりに配当や優待券などをプレゼントする取引です。

 

「配当金とか優待割引とかあげるから、株を買ってください」

これにたいして、「これくらい配当金や優待制度があるならお得だな。よし、この会社の株を買おう」と考えるのが株主です。

 

別に株の転売益を期待して株を買うわけではありません。

基本的にはずっと死ぬまでその会社の株を持ち続けるというスタンスです。

ウォーレン・バフェットも配当金などのインカムゲインを目的に、株の長期投資をしていますね。

 

安く株を買って誰かに高く売ってやろうという、転売を狙わないから、プラスサムゲームになるのです。

 

転売益=キャピタルゲインを目的にするならゼロサムゲーム

もし、株を安く買って高く売るという、転売を目的にするなら、株はゼロサムゲームです。

なぜなら、高い株価の株を買った人は、株価が下落して損するからです。

 

「いや、株価はずっと右肩上がりで上昇してるから、ゼロサムではない」

そういう意見もあるでしょう。

たしかに、これからもずっと株価が上がり続ければプラスサムと言えるかもしれません。

 

ただ、その仮定を前提にしないならば、株価はいつ暴落してもおかしくないわけですから、転売を目的とする株取引はゼロサムゲームなのです。

 

まとめ

配当金や優待制度などのインカムゲインを狙って株を買うなら、プラスサムゲーム。

安く買って高く売る転売益=キャピタルゲインを目的に株取引をするなら、ゼロサムゲーム。