田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

嫌なことからは逃げるが勝ち

嫌なことは積極的に逃げる

私の考えでは、嫌なことからは積極的に逃げたほうが、楽しく生きることができる。

よく「逃げちゃいけない」と言う人がいて、もちろんそれも1つの価値観だ。

しかし、嫌なことを無理やりやって苦しい顔をして苦労して辛い思いをしても、作業の効率も下がりやすいし、楽しくない。

 

目の前に新幹線が走ってきたとき、すっと横によければ風しか来ない。

10メートルほど離れておけば、「最近の新幹線は立派だねえ」などと言う心のゆとりさえある。

それをガーン!とまともに新幹線を受け止めようとするから大怪我をする、というか死ぬ。

 

嫌なことからは逃げるのだ。

積極的に逃げる。

逃げるが勝ちである。

 

だいたい、「人生で逃げちゃいけない」と言ってる連中だって、今までの人生でさんざん逃げまくってきたのだ。

それを棚にあげて「人生逃げちゃいけないよ」と柔和な顔をしてしみじみと語る。

 

「ほーん、で、あんたは逃げなかったの?

そもそも、逃げては「いけない」という規範は、あなたの価値観にすぎないよね?

その規範にしたがう必要なんてないよ」

とでも思って無視しておけばいい。

 

嫌なことからは積極的に逃げる!

姑に会いたくないなら、会わなければいいのだ。

逃げて逃げて逃げまくろう。

逃げるプロになろう!