田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

『魔女の宅急便』における、ひとり立ち

魔女の宅急便における一人立ち

実家を出て一人暮らしする

角野栄子さんの童話『魔女の宅急便』は、宮崎駿の映画『魔女の宅急便』の原作です。

 

この原作が、非常に面白くて、私が好きな童話の1つです。

f:id:puell:20170817214830j:plain

 (※1)

 

この作品で強く描写されているテーマは、自立することです。

実家を出て、一人暮らしをして、仕事をすること、恋をすること。

新しい土地に住むことによって、「私」を発見することです。

 

故郷を離れて新しい場所に住むことによって、自分という存在を確認し、自我を確立し独り立ちしていく姿が描かれています。

 

主人公の少女キキは、魔女になるためのルールで、13歳になったとき、ひとり立ちします。

魔女界における一人立ちとは、自分の住んでいる家を離れて、魔女のいない町を探し、一人暮らしをすることです。

f:id:puell:20170817214913j:plain

(※2)

 

13歳で起業したキキ

キキは、新しい町のパン屋に暮らし始めますが、街について3日目にして、いきなり起業します。

彼女は魔法を使ってホウキに乗って飛ぶことができますから、運送屋をしようと考えます。

 

驚くことに、彼女は10日ほどで開店します。

パン屋のおソノさんなどの助けも借りながら、看板を作り、電話番号も準備します(ちなみに電話番号は1238181イチニサンハイハイ)。

 

13歳で起業をしようと決断し、わずか10日で事業を立ち上げるスピード感。

スタートアップの鏡ですね。

 

キキは、勇気があるというか、肝がすわっていますね。

 

「もうはじまっちゃんだから、心配したってしょうがないものね」

キキはそのたびに、ひとりごとのようにいいました。

「そうだよ。新しいことをはじめるときわくわくするっていってたのは、どこのどなたさんでしたっけ」※3

 

文章が抜群に面白い

『魔女宅急便』は、人物の心理や行動の描写が非常に面白いです。

言葉の選び方がとても好きです。

どこか滑稽で、フフッと笑ってしまうような描写です。

この点では、ドストエフスキーやトルストイと似ていますね。

 

見出しも面白いです。

例えば、これ。

f:id:puell:20170817215052j:plain

(※4)

 

それから、こういう見出しもあります。

f:id:puell:20170817215142j:plain

(※5)

 

配達を依頼されたラブレターを読む、紛失する、偽造する

私が好きな場面の1つが、人のラブレターを読む話です。

人の秘密をのぞくという話では、キキが、同い年の女の子から、男の子への誕生日プレゼントの配達を依頼されたとき、一緒に配達するよう頼まれたラブレターを、こっそり見てしまいます。

 

そしてラブレターをもとに戻してホウキに乗って配達しようとしたとき、草の根につまづいて、手紙を川に落としまいます。

しかも、キキは、イチョウの葉っぱに、ラブレターの内容を(自分の記憶にしたがって)書き写して、その葉っぱを配達先の男の子に届けます。

 

客のラブレターをこっそり読んで、川に落とし、自分の記憶を頼りに葉っぱにラブレターの内容を書き写して届ける。

なかなかの鬼畜っぷりです。

 

新しい故郷を見つける=自分を発見する

キキは、しばらくして故郷に帰りますが、すぐに前の町に戻っていきます。

故郷を出た後に彼女が住んだ町は、今や彼女の存在そのものです。

 

「ほら、あたしたちの町よ」

キキは指さしてさけびました。

※6

 

彼女は、新しい故郷、第二の故郷を作ったということかもしれません。

一人暮らしをし、仕事をして、恋をして、新しい場所に住むことによって、キキは自分の存在を確立し、「私」を発見しました。

 

それは同時に、親と離れて世帯を別にすることを意味します。

家族を離れ、自分の家族を作ることになるでしょう。

そしてそれがまた、彼女の存在をより一層確立させ、自分の存在を再発見することになるでしょう。

 

本当に大好きな作品ですね。

個人的には映画より原作のほうがかなり好きです。

 

※引用文献:角野栄子『魔女の宅急便』、福音館、1985年