田中たかあきブログ

いつも読んでいただきありがとうございます

1つのものだけに執着し続けるのは難しい

執着する生き方は難しい

人は、何かに執着するが、たった1つのものだけを徹底的に執着し続けることは非常に難しい。

なぜなら、人は飽きるからだ。執着力が弱いのだ。

 

例えば、どんなに好きな人とでも、いつも一緒にいたら飽きる。

どんなに好きな食べ物でも、毎日朝昼夜の3食食べていたら、確実に飽きる。

好きな人ができても、振られて時間が立てば好きじゃなくなるし、自分の恋人にできないのなら、諦めて別の人を好きになる。

 

飽きるということは、執着する力が足りないのだ。

1つのものだけにこだわることができないということは、つまり、執着力が弱いのだ。

 

よく仏教では、「執着してはいけないよ」と言うが、実際は、人はあまり何かに執着していない。

一時的に、何かの対象に固執するが、ずーっとそれを維持することは困難である。

 

お腹が空いたら食べ物のことを考えるし、トイレに行きたくなったらトイレのことを考えて、さっきまで執着していたものは忘れる。

 

要するに、人は意外と執着できない生き物なのだ。

執着力が中途半端であり、鍛えられていないのだ。

 

「何かに捉われずに、自由な精神で生きよう!」と言うけれど、むしろ人は、何かにこだわり続けることができない。

すぐに別の対象に気が移りがちだ。

 

それゆえ、人は基本的に浮気性である。

1つのものに徹底的に執着し続けることは困難だ。

 

もし、あなたが何かに執着したいなら、かなり強い意志が必要かもしれない。

徹底的に、思いっきり執着し続けなければならない。

それだけ、1つのものだけに徹底的にこだわることは難しい。

 

欠如は執着力の燃料だ

人は欲望を満たされると飽きやすいから、欲望が満たされたら執着力が弱くなりがちである。

もしそうなら、欲望を一気に満たしすぎるのはよくないかもしれない。

欲望は、ちょっと満たされないくらいがちょうどよい。

 

自分の願望が少し満たされてないなー、という状態だと、その対象に未練を持ち続けることができ、執着力が持続する。

逆に、欲望を一気に満たしてしまうと、お腹一杯になって「もういらね」となる。

何かが欠けていること、それこそが、欲望の母であり、執着力の燃料だ。

 

例えば恋愛でも、恋人を自分に執着させるためには、相手の欲望を一気に満たしてはならないだろう。

ちょっと足りなくて不満が残るほうが、「次はこんなことをしたい」と相手は思うので、飽きられない。

 

結局のところ、持続すること自体が難しいのかもしれない。

努力であれ、感情であれ、持続することは困難だ。

ヘラクレイトスが言ったように、万物は流転する。

しかしそれでも、できるだけ持続させることによって、存在というものが可能になる。

 

何かが足りないという欠如感が、執着を生み出す燃料であるということは、存在しないものこそが、存在者の母なのかもしれない。

存在しないものによって、存在は生まれるのだ。